« 上半期ドイツ財政黒字 | トップページ | ドイツワインケナー上級試験後 »

2016年11月16日 (水)

2016年 ドイツワインケナー上級試験振り返り

試験配点は筆記6割試飲4割です。
試飲は全6問、分解すると19問 黒猫が正解した部分はピンク色は正解です。どうゆう配点なんでしょうか白は等級まで正解しないと不正解なのかなぁ

試飲ワインは5種類
問1・2・3が白ワイン
ワインの産地、品種、等級を答える問題です。

問1 Rheingau  Riesling  等級はどれにしたか不明 
問2 Franken Silveaner  等級はどれにしたか不明
問3 Barden Weissburgunder 等級はどれにしたか不明
等級までは、難しく3択なので確信はなく選択したので正解できたかわかりませんが、白ワインは産地、品種は正解

問4・5は赤ワイン
ワインの産地、品種、相性の良い料理を答える問題です
問4 Pfalz Dornfelder
鰻のかば焼き
問5 Barden spatburgunder
若鳥のトマト煮
品種から産地を特定したので両方不正解、料理は他2選択は白ワインとの相性が良いので選択せず2問とも正解

問6 栽培面積が増えている産地 3 正解
問7 狭い地域 1の Rheingau 正解
問8 Classicは 当然 1 正解
問9 4,5のグラスで栽培面積の広い所 品種を間違えたので産地も不正解

問10 問4.5.6のヴィンティジは 2013年 正解

|

« 上半期ドイツ財政黒字 | トップページ | ドイツワインケナー上級試験後 »

ドイツケナー試験対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上半期ドイツ財政黒字 | トップページ | ドイツワインケナー上級試験後 »