« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

大坂~和歌山の旅 串本町

串本町の道の駅の景色、旅先で発砲スチロールを無料で頂いたのがあるのでこの地域のスーパー主婦の店の魚が安くて美味しいので今回も安心して大量に購入、保冷材も氷も解けていませんでした
066067_2

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

大坂~和歌山の旅 周参見民宿川辺

060堺から和歌山に向かう途中、水間寺で休憩。和歌山は周参見に近い人気のお宿川辺に15時到着、海にも徒歩1分、ブハハ会のメンバーと合流しシュノーケルを持って海へ。カラフルナお魚の大群が綺麗です。お宿は露天風呂もあり温泉、お料理のボリュームがすごすぎ、お土産の紀州の梅ぼしはブハハ会メンバーはまだ旅を続けるので2箱全部を頂きました。
062063064065

| | コメント (0)

2016年8月26日 (金)

大坂~和歌山の旅 堺 夕食

057夕食は商店街を歩いて決めようとホテルを出発、チェー店だけど山梨にはないし、入店した事がない、じゃんぼ焼き鳥 鳥貴族に決定。全品280円・消費税込で302円、キャベツはおかわり無料なので、もっとキャベツをお願いすれば良かったと後悔です。
058056


| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

大坂~和歌山の旅 堺

昼食後、再び堺を散策。人権ふれあいセンター:ボランティアのガイドさんのお話2時間、色々理解できました。→自転車を16時に返し、向かいの堺市役所21階展望ロービーへ。今日のコースを展望台から眺め、ミュシャ館は今回残念ながら時間切れ、次回のお楽しみです。

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

大阪~和歌山の旅 堺ランチは八風

054駅前にはチェン店しかなく途中見つけたうどん屋さんで軽く済ませるかと入店。しかし奥が深く、座敷ありでなかなかの雰囲気、活気もありいい感じ。052いいお店を見つけました。料金もリーズナブルで、カレー釜玉つけ麺セットはじゅーしで柔らかい大きな唐揚げ2個、マジ柔らかいとろ肉2個ついて980円053まず卵をうどんにからめ、そのままカレーに付けて食べ、とろ~とろけたチーズをカレーに入れてと食べ方色々、シンプルなざるそば680円はのりの風味が良く、山椒の利いた辛しを入れると更に風味が良いです。

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

大阪~和歌山の旅 堺

039東横INN堺東駅は駐車場がないのですが、隣にタイムズの駐車場24時間1600円があり、会員になるとポイントが貯まりお得です。早朝9時に到着、車を駐車場に入れ、徒歩3分の堺東観光案内所に向かい自転車をレンタル、1台240円で営業時間の9:00-16:30分まで乗り放題です。電動自転車が2台あり、通常は料金が高いと聞いていたのですが、同一料金との事なら電動自転車をセレクトし快適に堺を堪能。本願寺別院→河口彗海の生家跡→山口家住宅→鉄砲鍛冶屋敷→茶寮つぼ市製茶本舗→堺伝統産業会館に入り一休み→菅原神社→堺山之口商店街→開口神社→与謝野昌子生家跡→さかい利昌の社:千利休と与謝野昌子を展示、ボランティアのガイドさんに案内され1時間、昔の堺の地図が正面入り口の床に描かれてます。→さかい利昌の社裏手の千利休屋敷跡の井戸で13時、昼食処を探しに堺駅方面に向かいます
040041_2043044045046047050




| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

大阪~和歌山の旅 ガストハウス44

ドイツワインケナー上級試験に向けてお勉強中なのでダァーがドイツ料理とワインのお店を検索してくれて、東横INN大阪船場東を予約。そこから近いガストハウス44に17時に出発したものの、関西は日が長く、まだまだ熱中。試験対策としてグラスワインをと思いきや単一品種はバーデンのリースリングのみで、ちょいガックリでしたが、料理も美味しいし良かったです。付け合わせのチーズがからまったショートパスタ??マカロニにようなのはなんて名前なんでしょう
036037


| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

大阪~和歌山の旅 田辺聖子文学館

035田辺聖子氏は樟蔭女子大学国文科を卒業田辺聖子文学館は、創立90周年記念事業として大学の敷地内に開館しました。文学世界や、田辺聖子氏の人生や世界観に触れられます。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

大阪~和歌山の旅 信貴山朝護孫子寺と法隆寺

010信貴山朝護孫子寺聖徳太子は、河内稲村城へ向かう途中、この山に至り、太子が戦勝の祈願をするや、天空遥かに毘沙門天王が出現され、必勝の秘法を授かりました。その日は寅年、寅日、寅の刻であり、寅がいたるところにあり、信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されています。
011012017018

032法隆寺世界最古の木造建築で日本初の世界文化遺産で、聖徳太子ゆかりの寺院で、拝観料は1500円とお高いのですが、実に見ごたえがあり、何度行っても感激しています。ボランティアのガイドさんにお願いすると2時間かかります。

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

大阪~和歌山の旅 かんぽの宿大和平群

かんぽの宿大和平群は奈良にあり、日帰りで温泉を楽しむ方が多く日中はにぎやかです。高台にあり大和路の旅愁を感じ、総檜の寝湯浴槽、会席料理を楽しみました。朝食は和・中・洋の豊富なバイキングで色々味わえ、かんぽのお宿ファンになりました。
019020021027028





026



025



024
023


022





| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

大阪~和歌山の旅 昼食

東大阪市のグルメランキングを検索し、向かったのですが定休日だったり、駐車場が見つからず、駐車場がある王将へ。海老チリマヨレタス炒飯648円とあんかけチャンポン594円餃子も食べたいけど・・食べきれそうにないので残念しました。
007008


| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

大阪~和歌山の旅 司馬遼太郎記念館

004司馬遼太郎記念館は、自宅と隣接地に建つ安藤忠雄さん設計のコンクリート打ちっ放しの建物で地下1階、地上2階に実にすごい量の書籍2万冊が展示されており、ゆるやかな曲線を描くシンプルな構造で、雑木林風の庭の小径から窓越しに、司馬遼太郎の書斎を見ることができます。

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

クスリのサンロード招待ツアー 高木ミンク

013横浜町田にあるファクトリー高木ミンク数十万円もするミンクの毛皮のじゅうたん・シーツが展示されています。なんとミンクは夏はひんやりしていてシーツや毛布として最適とか、実際にベットに寝たり、くつを脱いで触れたり、最後にお菓子の売店部屋があり、先程見てきた商品と桁が違い、やたらに安く感じます。015バスの中で検索した時、売店の定員さんの升に入れるフルーツや木の実はてんこ盛りでテェンション高というので、その話をし昼食のフルーツパークより、盛が良く、試食して美味しいのでアーモンドとくるみを1升づつ購入しましたそのまま食べても美味しいですが、熱々のご飯にくるみとチーズを乗せてオーブンでチーズをとろ~り、バターを乗せて最高に美味しいです。ステップトラベルのツアーに関してはなにやら、あちこちお土産屋さんや真珠店等につれていかれ評判はあまり良気ないですが、別に押し売りする感じではなく、添乗員さんも面白く、買わなければ良いし楽しいツアーでした

| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

クスリのサンロード招待ツアー 千条の滝

011箱根に到着、岡田美術館・岡田美術館の足湯・千条の滝の3コース。黒猫夫婦は岡田美術館には昨年入館しているので千条の滝コースへ。行きは下り坂、帰りは辛いコースです。岡田美術館は1時間では、もったいないくらい見ごたえのある美術館で、入館料も2800円、こちらを選択した方は可愛そうに思えました。

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

クスリのサンロード招待ツアー箱根西麓・三島大吊橋

007箱根西麓・三島大吊橋、愛称三島スカイウォークは富士山や駿河湾が一望できる絶景で、足元はグレーチングになっているので透けてみえスリルがありすくみます。写真をとったりして歩くと15分くらい、全長400m歩行者専用としては日本一です。トイレは日本庭園がありここも必見です。素晴らしい所に連れて来てもらえラッキーです。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

クスリのサンロード招待ツアー 昼食

0092回目の休憩は伊豆フルーツパークで昼食。今時こんなに大量に団体さんを誘致するかと思うような集客量です。昼食はしらす釜まぶし御膳釜めしにしらす&カリカリ梅の刻みをのせ、箱根うどん鍋、明太子いわし、結構なボリューム。8月1日~31日までメロン刈りが2800円で出来ます。
010008


| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

クスリのサンロード招待ツアー じゃんぼひものセンター

005最初の休憩場所、じゃんぼひものセンターに到着、朝一から魚を買うのも心配、まる天の磯揚げ試食した所、どれも美味しいので、海老ネギ天、イカ天、豆天、海鮮かき揚げ天を購入しバスの中で食べて満足、ダァーも運転していないので、ゆっくり食べれます。

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

クスリのサンロード招待ツアー

クスリのサンロードから伊豆の旅行の招待券が届きました詳細は不明でしたがダェーとたまにはバスの旅も良いなぁと参加。ダイタ女性スクールー前の駐車場は軽自動車は安いので、ラパンで甲府駅前に7時20分に集合し出発、ステップトラベルのツアーで、大型バスで定員が40名ほどで座席がゆったり、後方座席は空席なので気兼ねなくリクライニングに出来快適でした。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

手ごわいウエスト&アンダーバスト&下腹部

たかの友梨エステでリラックスもう1つの目的はUB、ウエスト、下腹部のダウン家では、毎朝あお向けに寝て、空中自転車こぎ、足を直角に上げぱたぱた、背筋体操を80回かかさず昨年から頑張ってます美味しい食べ物とワインがあるので、食事制限はまったくせず、食べたいだけ食べ、まめにお部屋のお掃除と手間をかけたお料理、お部屋も綺麗になるし一石二鳥です。

たかの友梨     黒猫のサイズ
シンデレラ体型
2014年8月  2015年8月 2016年8月

体重   48kg    47kg        47.3kg   46.4kg
TB     81cm   85cm      88.0cm     88.0cm
UB     67.5cm   77.5cm      78.5cm      79.0cm
ウエスト   58cm     68.5cm      67.0cm     67.5cm
下腹部    72cm      78.5cm      76.0cm     76.5cm
ヒップ      83cm      79.5cm      79.5cm      79.0cm
太もも     45.5cm    42.5cm      42cm        42.5cm
ふくらはぎ31.5cm   31.5cm     31.7cm      31.5cm
足首       18.8cm    17.8cm      18.5cm      19.0cm
上腕       23.5cm    25.0cm      25.0cm     25.5cm

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

日独協会初心者のためのドイツワイン講座

山本広哉ソムリエ氏による日独協会で開催されるドイツセミナー。7/24 第3回 「ドイツワインの法律と銘醸ワイン物語」参加しました。銘醸ワイン物語というだけにワインは銘城ワイン、それに合わせてマイセンのとんかつサンド&大倉山のショマッカーのパン3種でとってもお得でした。
9/11 第4回 「その他の国のワイン」
12月予定 第5回 「ワインと食事」横浜コンチネンテルホテル予定
終了してしまった講座、来年も同様に行われるようです。
2/28 第1回 「ワインって何?」
5/29 第2回 「ドイツワインの歴史と産地 葡萄品種」

092097_2

| | コメント (0)

2016年8月 4日 (木)

ドイツの音楽家ベートーベンのこざわり

ドイツの音楽家ベートーベンは、毎朝コーヒーを飲んだそうですが、その飲み方の強いこだわりはコーヒー豆はきっちり60粒だったそうです

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

日本船員厚生協会 ナビス横浜

ワインヴティック伏見のセミナー終了後、向かいの2Fのバーで3次回。赤レンガ倉庫等の夜景がとっても美しいく素敵なバーでチーズ盛り合わせ850円、ソーセージ盛り合わせ850円、フライドポテト盛り合わせ850円etcとっても安いです。ここではカクテルやビールを飲み、伏見社長の話をした所5%引きでした。
090091

| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

ワインヴティク伏見のセミナー終了後

0891Fの伏見に戻り、残りのワインを8人くらいで外のテラスで飲む事に、あっという間にそれぞれつまみの買い出しから戻り、さらにゼクトを開けてしまいました。他にもつまみがあったのですが、写真が残ってないです

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

ワインヴティク伏見のドイツワイン塾

087横浜ワールドポーターズ1Fワインヴティク伏見のドイツワイン塾1回3000円第6回はドイツ資格試験対策講座内容は、ほぼブログのドイツケナー対策でブログにUPした内容なので、後は暗記するだけ。086心配な試飲はブラインド、白5種類のうちSilvanerとMuller-Thurgauは迷う事無く正解。ドイツのモーぜルのRiesulinguはテルペン香がなくWiessburgunderかどちらか難易度高いです。赤3種類は自信ありです。
第1回はドイツワインの基礎講座
第2回は産地別土壌の構成と気象条件 参加
第3回はブドウの生育と品種別特徴 参加
第4回はワイン文化の歴史

第5回銘城ワイン物語 参加

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »