« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

オットー・フォン・ビスマルク

プロイセン及びドイツの政治家、貴族。1815年 - 1898年
・プロイセン王国首相 1862年-1890年
・北ドイツ連邦首相   1867年-1871年
・ドイツ帝国首相      1871年-1890年 
ドイツ帝国:1871-1918年

ビスマルク風ピザ:ビスマルクが好きだったのが、目玉焼きをのせたステーキで、半熟卵がのっているピザをビスマルクと呼びます。
ワインについて
ドイツ産のゼクトは好まず、フランス産のシャンパンを好んだ。
陛下から「君は愛国者だろう。何故ドイツのワインを飲まないのかね?」と訊かれ、ビスマルク曰く 「陛下。恐れながら愛国心と舌は別物でございます」 と答えたそうです。
ハッテンハイム村のエバーバッハの周囲をぐるりと壁で囲まれた
シュタインベルグ(Steinberug)のワイン愛飲

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

琵琶湖~岐阜の旅 崇福寺

051織田家菩提寺(ぼだいじ)です。菩提寺は、代々その寺の宗旨に帰依して、(先祖の)位牌を納めてあるお寺で、数々のお坊さんを排出しているお寺で、武田勝頼時代の山梨県の恵林寺のお坊さんもそうです。



| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

琵琶湖~岐阜の旅 金華山金華山ロープウェーと岐阜城

047宿から見えた岐阜城へは金華山ロープウェーで山頂へ。金華山ロープウェーを降りるとリス村があり、更に階段を上り岐阜城へ。岐阜城からは、360度の景色を見渡すことができ心地よい風が気持ち良く、真夏の山頂までの道のりの休憩に良いです。

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

琵琶湖~岐阜の旅 鵜匠の家すぎ山

041いよいよ岐阜、を食べたく鵜匠の宿に宿泊。川に面したお部屋からは岐阜城のある金華山、眼下は長良川が一望でき、6人の鵜匠がお宿の前から出発します。夕食は写真以上に品数が出ています、飲んで食べてお部屋にに戻り、鵜飼を見るはずが、なかなかはじまらず、1時間後に開始されたのですが、ホテルの向こう岸の鵜飼船の前でしているので、ほぼ見えず寝てしまいました冷酒 花美蔵350ml2,050円、翌日の会計時に高くてびっくりでした。他のお客様も冷酒を飲んでいましたが、黒猫のとは違う銘柄、メニューがないので他の冷酒の値段は解りませんが、黒猫の宿泊プランは一番高く他のお客様と違ったようで、それなりの高い冷酒が来たのかもしれません。
033034036037038040043039042044


| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

琵琶湖~岐阜の旅 信長の館

031安土城天主信長の館の中には、1992年に開催されたセビリア万国博覧会に出展された5Fと6F部分の原寸大の安土城の復元天守があります。一見ちゃちく見えるのですが、実はすごく手間のかかる作業で技術者達により詳細に再現されています。主内部は、当時信長が「狩野永徳」を中心に描かせた「金壁障壁画」も再現されています。

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

琵琶湖~岐阜の旅 旧柳原学校校舎

029滋賀県近江八幡市安土町にある安土城考古博物館の裏手徒歩3分の信長の館に行く途中旧柳原学校校舎があり、明治9年当時の校舎としたは最も古い洋風建築で1Fが教室、2階が事務所、3Fが鼓楼となっています。

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

琵琶湖~岐阜の旅 安土城考古博物館

027滋賀県は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康をはじめ多くの武将達が活躍した国です。安土城考古博物館安土城を中心に城郭の歴史、安土城跡から出土した華麗な金箔瓦が展示されています。028
写真の左の1番長いのが織田信長軍の槍です。
また弥生時代と古墳時代に出土した品が展示されており滋賀県の発掘調査は、近年では大津市真野1号墳や高島市田中36号墳など、古くは東海道新幹線建設に伴う竜石山古墳群北陸自動車道建設に伴う黒田長山古墳群などで成果を得ています。また、守山市金森西遺跡や甲賀市植遺跡では当時の生活状況を具体的に示す集落遺跡が見つかっています。安土城考古博物館の裏手徒歩3分の信長の館共通券は860円です。

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

琵琶湖~岐阜の旅 石山寺

滋賀県にある石山寺は2016年3月18日~12月4日まで、33年に1度の御開扉が行われてます。今回初公開の本堂内々陣特別拝観に加え、初代本尊の塑像断片、胎内佛像も特別公開されています。西国三十三所観音霊場第13番札所となっており、黒猫の住んでいる山梨県から訪れ木札を奉納された物も展示されており感動そして有名なのが平安時代寛弘元年(1004)紫式部が七日間の参籠して源氏物語を書きはじめた事です。
セット券(入山料 + 本尊 如意輪観世音菩薩 特別拝観料 +「石山寺と紫式部」展入場料)1300円入山料を取られるだけあり、くまなく歩くと3時間はかかりました。

022023024026

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

琵琶湖~岐阜の旅 大津プリンスホテル

琵琶湖のスティは大津プリンスホテルなので早々チエックインし、ホテルを満喫、眺めが素敵です。ディナーの大津なぎさ公園内のヴュルッブルクに近くて最高です。
朝食は37階のレストランへ、
豊富なメニューで最高、お部屋は20Fでしたが、部屋からの景色が近くて見えるのでグーでした。
021020

| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

琵琶湖~岐阜の旅 ドイツレストラン ヴュルッブルク

012琵琶湖に面した大津プリンスホテルから徒歩5分の大津なぎさ公園内のヴュルッブルクで、ドイツ料理とワインのマリアージュを体験のはずが、まずはのビールでノックアウト
ヴュルツブルガー ヴァイツェン デュンケル(濃色白ビール)
ヴュルツブルガー シュヴァルツ(黒ビール)
どちらも500ml、1090円ここでしか味わえないヴュルッブルクのビールでフレッシュな味わい
料理
・前菜盛り合わせ:琵琶マスの軽いスモークが最高
・田舎風パテ
・大根サラダ
・旬の海の幸と夏野菜のコンソメジュレ仕立て 香草風味1500円:
・グリルソーセージの盛り合せ フライポテト添え 1950円:ソーセージは3種類スパイシー、チューリンガー、シンケンクラカワ
料理の盛りが良いのを忘れていました 食べるのが精いっぱい、
ダァーと思ったのですが、ここのレストランに来ている人達はとっても幸せそうで、笑顔が絶えないです。
014
015_2016_2017018019


 

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

琵琶湖~岐阜の旅 大垣市のつけ麺中村屋

琵琶湖へ行く途中、大垣で人気のつけ麺中村屋で昼食、大盛りと並と同一料金なので当然いつも大盛り。海老辛つけ麺900円、なかなかの辛さで海老の風味が香る濃厚なつけ汁、ごまつけ麺800円中村屋のスタンダードなつけ麺で汁が白くクリーミで優しい味わいです。サービスのごまおにぎりも美味しいので大盛りを食べて更におにぎりで食べすぎた感じ。いつもは、けだるそうに長い麺を器に入れている女性の店員さんを含め3人なのですが、今回は5人いて余裕そうでにこやかで、すんなりお店に入れました。
010011

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

ヨコハマグランドインターコンチネンタルでワイン塾

014ヨコハマグランドインターコンチネンタルチャイナレストランKaryuにて山本広哉氏のコレクションワイン会、今回は旧東ドイツワイン、ザクセンとザーレウンストルートのワイン13種類、016青字のElbling は MoselSachsen、Sachsenの特有品種Goldrieslingも飲む事が出来、料理に合わせ実に素晴らしい会でした。エレベーターの前では、ロボットが案内してくれます。

■August der Starke trocken :  Sachsen
<Weingut Schloss  Wackerbarth>
■2014er Pillnitzer Königlicher Weinberg Riesling<R> : Sachsen
<Weingut Klaus Zimmerling>  
■2013er Elbling Classic : Mosel
<Weingut Margarethenhof>  
■2014er Elbling trocken : Sachsen
<Weingut Schloss Proschwitz > 
■2014er Müller-Thurgau trocken : Sachsen
<
Winzergenossenschaft Meissen> 
■2013er Silvaner trocken : Saale-Unstrut
<Weingut Marcel Schulze>  
■2014er Goldriesling trocken : Sachsen
<Weingut Schloss Proschwitz > 
■2011er Traminer Spätlese trocken : Sachsen
<Weingut Schloss Proschwitz >  
■2014er Escheiplitz Himmelreich Grauer Burgunder : Saale-Unstrut
<Weingut Bernard Pawis>  
■2014er Weißburgunder trocken Muschelkalk : Saale-Unstrut
<Weingut Gussek> 
■2011er Weißer Burgunder Spätlese trocken Barrique : Saale-Unstrut
<Weingut Herzer>  
■2014er Blanc de Noir trocken : Saale-Unstrut
 <Weingut Drei Herren> 
■2009er Dornfelder trocken : Sachsen
<Weingut Schloss Proschwitz >  

料理
 
■前菜の盛り合わせ 
■フカヒレと蟹肉、白木耳の青海苔風味スープ
■柔らか牛頬肉と野菜のブラックビーンズ風味炒め  
■有頭海老のXOチリソース煮込み
■野菜の干し貝柱あんかけ 
■点心シェフのお勧め蒸し点心三種盛り
■信玄どりと山クラゲのガーリック風味チャーハン 
■オリジナルデザート
■福建銘茶 ジャスミン茶
017018019020021022023024



 
 

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

ドイツワインセミナー 地質とワイン

002人形町モリモトハウスで坂本雄一先生の講座に参加、先生は大学時代、地質学を専攻、家業が酒販店であり、ワインの味わいと土壌の関係を検証している感じです。Rheinhessen Niersteinerの南斜面Hipping※1はペルム紀前期の赤色の砂岩泥岩互層(ローテンハング)色調は濃厚、完熟したフルーティな香りが良くでる。北向き斜面bruckchen※2は中新世の白い堆積岩(石灰岩)酸やミネラル、塩味が特徴。実際に岩石を見ながらの講義でワインを体験でき良かったです。
ワイン
2011年 FRIT HAAG Brauneberger Juffer Riesling Trocken Mosel写真1
1605年はDusemondと呼ばれ
「Brauneberger Juffer」と「Brauneberger Juffer Sonnenuhr」は世界的に有名な畑
2013年 S
t. remigiusberg tesch Riesling Naha写真2
2011年 Niersteiner Hipping Riesling spatlese Rheinhessen
※1 2013年 Niersteiner Hipping Riesling spatlese 639ブラックラベルRheinhessen

※2 2013年 Niersteiner bruckchen グリューナー・ヴェルトリーナー=トラミーナーx  St.ゲオルゲンの自然交配Rheinhessen
006
010

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

清月の季節限定イタリアンロールケーキ制覇

002季節限定イタリアンロールケーキ4番目
季節限定オレンジは、側面だけにスライスされたオレンジがあり、中はロールされているスポンジの層に甘すっぱいオレンジママレードがしっとり生クリームになじんでます。
季節限定購入履歴ハーフのお値段
ラ・フランス1,512円 12/20
スペシャルマロン1,512円 12/23
いちご1,404円 1/17
オレンジ1,404円 6/18
残る季節限定桃、サクランボetc 桜は逃してしまいました。
清月の定番3種類は制覇
プレーン 918円
マロンウィズ 1,134円
チョコ 1,026円

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

ワインヴティック伏見のドイツワイン塾

003横浜ワールドポーターズ1Fワインヴティク伏見が開催するドイツワイン塾、1回3000円第5回銘城ワイン物語に参加、何回か参加する中でまだまだ知らない単一畑 Einzellage-アインツェルラーゲが出てきます。41の地区の2,600以上にも及ぶ単一畑名や150以上の総合畑名Grosslageを調べるのも記憶する事も大変。004
不参加試飲ワインリストを頂いても、1回目は特殊なワインで畑名がどこの地域ベシュティムテ・アンバウゲビーテBestimmtes Anbaugebietかわからず、今回教えて頂きました。セミナーに参加し飲んで体験する事で自然に記憶できこのセミナーに参加して良かったです。

第1回はドイツワインの基礎講座

第2回は産地別土壌の構成と気象条件 参加
第3回はブドウの生育と品種別特徴 参加
第4回はワイン文化の歴史

第6回はドイツ資格試験対策
次回も楽しみです。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »