« 2015年UPのドイツケナー対策 修正&追加13地域と16州編 | トップページ | ワインヴッティク伏見 »

2016年3月27日 (日)

2015年UPのドイツケナー対策 修正&追加 ドイツの川編

ドイツを流れる川 長さの上位は下記3つ 流れ出すのは分流、支流は流れ込む
ライン川ドイツ国内の河川延長は865km(主な支流のネッカー川、マイン川モーゼル川含む)。スイスアルプスのトマーゼ湖に端を発し、ドイツ・フランスの国境を北に向かい、ドイツ内を流れ、オランダ国内へ入り、ロッテルダムから北海に注ぐ。全長1,320kmそのうちドイツを流れるのは約698km。ライン川流域のマインツからコブレンツの間は「ロマンチック・ライン」と呼ばれ、多くの古城が点在している。
エルベ川:ドイツ国内の河川延長は727km(北海に注ぐ)。
ドナウ川ドイツ国内の河川延長は687km。全長は2850kmヨーロッパで2番目に長い川。源流はスイスの国境南ドイツの黒い森シュヴァルツヴァルト。ここから流れ出す川はブレク川と呼ばれ、南東に48㎞下流のドナウエッシンゲンの街で、北から流れてきたブリガッハ川と合流、ここからドナウ川となり、北東に流れシュヴァーベン山地フランケン山地を抜けた後、ケールハイムライン・マイン・ドナウ運河と接続する。その後、レーゲンスブルクでレーゲン川をあわせると同時に南東へと向きを変える。その下流でミュンヘンから流れてきたイーザル川合わせたのち、パッサウで北からのイルツ川、南からのイン川と合流する。ヨーロッパを横断し黒海へ ドイツ~オーストリア~ハンガリー~黒海へ
イザール川 Isar 295km  南西部
オーストリアチロル州ドイツバイエルン州を流れるドナウ川の支流、水源はチロルのカルヴェンデル。国境を越え、バイエルン州内を南→北西へ、ミュンヘン、フライジング、モースブルク・アン・デア・イザール、ランダウ・アン・デア・イザールの順に通過し、デッゲンドルフドナウ川合流
ヴェーザー川 Weser 452km 北部
ヴェラ川フルダ川ハン・ミュンデンで合流 ハーメルンの笛吹き男の舞台ハーメルンを経て、ブレーメンを通過、港湾都市ブレーマーハーフェンから北海
フルダ川 Fulda 218km
ドイツ、ヘッセン州で最も長い川。流域面積は6,932km²。ともにヴェーザー川の源流をなすヴェラ川の左岸側、西側を流れる川。
水源はヘッセン州内のレーン山地、ヴァッサークッペ山。カウフンガー・ヴァルトとラインハルツヴァルトの間、三つの川の町と呼ばれるハン・ミュンデン(ニーダーザクセン州までを流れ、ここでフルダ川はヴェラ川と合流しヴェーザー川となって北海へ
ヴェラ川 Werra
ヴェーザー川の源流をなすフルダ川の右岸(東側)、ヴェラ川はテューリンゲン州、ヘッセン州、ニーダーザクセン州を順に流れ、一部はこれらの州境をなしている。語源上、「ヴェラ」と「ヴェーザー」はかつては同一の川であり、フルダ川はヴェラ/ヴェーザー川の単なる支流という位置づけでした。
ヴェラ川の水源は、論争になっており、それはテューリンゲンの二つの村が水源を主張し、どちらの村も、テューリンゲンの森とスレート質の山地帯の境界領域に位置している。
・最初に確認された水源(1897年)は、フェーレンバッハの近くのツォイペルスベルク(エーゼルベルク山の南)、標高797mの地点。
・二番目に確認された水源(1910年)は、ジークミンツベルク近く、ブレスベルク山の標高800mの地点。二つの水源があるため、
ヴェラ川の全長は298km292kmの二つの表記がある。
ネッカー川 367km
バーデン=ヴュルテンベルク州を流れ、下流域ヘッセン州との州境をなす。ヘッシェ・ベルクシュトラーセには流れていない。
エンツ川Enz 112km
バーデン=ヴュルテンベルク州を流れるネッカー川左岸の支流
水源クライネ・エンツ(小エンツ)とグロース・エンツ(大エンツ)は、ノルトシュヴァルツバルトに湧出する。後者はエンツクレスターレの付近にある。バート・ヴィルトバートのカルムバッハ地区で小エンツと大エンツは合流し、エンツ川となる。ノイエンビュルクを過ぎるとプフォルツハイムに入る。この辺りはシュヴァルツヴァルトの中である。シュトゥットガルト、カールスルーエそしてクライヒガウに囲まれた肥沃な土地ファイヒンゲンやビーティヒハイム=ビシンゲンを流れる。ベジッヒハイム付近でネッカー川に合流する。
レムス川 Rems 80km
バーデン=ヴュルテンベルク州を流れるネッカー川の支流
アーレン近くエッシンゲンの標高551mの場所から湧出し、約80kmを流れ下り、ルートヴィヒスブルク郡ネッカーレムスの標高203m地点でネッカー川の右岸に合流する。
マイン川 524km
バイエルン州
ヘッセン州を流れ下る。ヴェルトハイム付近は、約25kmの間バイエルン州とバーデン=ヴュルテンベルク州との州境をなす。
水源はフレンキッシュ・シュヴァインツ
フランケン地方のスイス
白マイン、赤マイン川
シュペンシュテヒャー マイン川沿いの酒販店作る
モーゼル川 545km
フランス、ルクセンブルクおよびドイツを流れる。ドイツはモーゼル(パール)~コプレンツ242km
ナーエ川 116km
ラインガウのリューデスハイム付近でライン川に合流します。ナーエ川とその支流のグラーン川アルゼンツ川にそってこの生産地域は広がっています
アール川 89km
ボンの西南部に、アイフェル山系があり、その起伏の中の一つの渓谷がアール渓谷で、激しく蛇行して流れるアール川の中・下流の両岸に、 約25kmに渡ってその葡萄畑が散在する。アール川は、ボンの約20km上流でラインの本流に合流。その対岸がミッテルライン。
オーダー川 187km
ドイツ側からはブランデンブルク州とメクレンブルク=フォアポンメルン州が接する。内陸運河で多数の河川と結ばれる。左岸のドイツ側では、エルベ川の支流ハーフェル川およびその支流でベルリンを流れるシュプレー川とつながり、右岸では中流の支流ノテチ川(独:ネッツェ川)および上流の上シレジアを流れる支流クウォドニツァ川(Kłodnica、独:クロドニッツ川)が、ポーランド中央部を流れるヴィスワ川水系と運河でつながりバルト海に注ぐ
ラーン川242km
ノルトライン=ヴェストファーレン州、ヘッセン州、ラインラント=プファルツ州を流れるライン川右岸の支流。

この他マイン川より長い川、ライン、エルベ、ドナウ、オーダーモーゼル川の水源または河口がドイツ国外にあり、純粋な国内河川ではないがマイン川はドイツ国内最長の川と呼ばれることがある。
 
ヴェラ川、フルダ川ドイツ国内を水源としドイツ国内を流れる川。

中央ヨーロッパの大部分の川は
に向かって流れる
 
ライン川 南→北→西
 
マイン川 
ヴァルテ川とその支流ネッツェ川と並び 東→西
 
ドナウ川
だけ 西→東

 Wurtemberg地域の主要な川 ネッカー川、コッハ川、ヤクスト川、タウバ川

ライン川の支流の川 どこの町で合流するか
 
ネッカー川  マンハイム(バーゼン)
 
マイン川   マインツ(ラインヘッセン、ラインガウ)
 
モーゼル川 コブレンツ
 
ナーエー川 ビンゲン(ナーエ、ラインヘッセン)
 
アール川 ボンの南

|

« 2015年UPのドイツケナー対策 修正&追加13地域と16州編 | トップページ | ワインヴッティク伏見 »

ドイツケナー試験対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年UPのドイツケナー対策 修正&追加13地域と16州編 | トップページ | ワインヴッティク伏見 »