« 道の駅 越前 | トップページ | まるとく本舗でラーメンランチ »

2016年2月18日 (木)

木曽川に架けられた桃介橋

020長野県木曽郡南木曽町読書(よみかき)の木曽川に架けられた桃介橋は大正11年9月に完成しました。木曽川の水力発電開発に力を注いだ大同電力福沢桃介社長:福沢諭吉の養子が読書発電所(大正12年完成)建設の資材運搬用のトロッコのレールが敷かれてます。
その後、昭和25年から両岸地域の交通に大いに役立ましたが、昭和53年頃から老朽化も進み、修理もできず廃橋寸前となりました。021
橋は全長247m、幅2.7mで、この付近では最大川幅のところにあり、迫力と美しく雄大な景観です。木製補剛桁を持った吊橋としては、日本有数の長大橋であり、下部石積み・上部コンクリートの主塔3基を有し、この種の吊橋としては当時(大正時代)我が国の土木技術の粋を集めためずらしい4径間の吊橋となっています。3基の主塔はデザインも大変すぐれており、特に中央の塔からは水辺へ降りる石段が設けられています。また、それぞれの主塔から斜吊索が張られ19世紀末のアメリカの吊り橋によく似ているといわれています。その痕跡が分かるように1990年に復元されました。

|

« 道の駅 越前 | トップページ | まるとく本舗でラーメンランチ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道の駅 越前 | トップページ | まるとく本舗でラーメンランチ »