« サントリー山崎蒸留所 | トップページ | 黒猫亭ジョンヌの家パイヤールワイン会922回 »

2014年8月26日 (火)

第8回ドイツラインガウ甲州里帰りワイン会

ドイツのラインガウで育った甲州がワインになって里帰り、造り手はショーンレーバー家
ドイツラインガウで育つ甲州の経歴
・2002年秋、植村葡萄研究所より500本の甲州種の苗木がショーンレーバーに届けられ、ホーホハイマーの苗木会社に接木を依頼し、そこでベルナー種の台木に接木された244本の苗木が生まれました。
・2003年春、244本の甲州種はショーンレーバー・ブリュームライン家の葡萄畑ミッテルハイマー・エーデルマンの540平方メートルの区画に植樹されました。
・2005年、初収穫、
2012年 ラインガウ甲州は香りがとっても豊かなワインでした。
乾杯はシャルデラ スパークリング2013年、アフアーにデラの香りが香るスパークリングもGOODです。
ワインは他にもドイツ、マスカット・ベリーA、トニーポート

お料理
・鱧のマリネ
・生ハムメロン、帆立のポアレ トマト風味、エスカルゴ ブルゴーニュ風
・太刀魚のアーティチョークのグリルレモンバターソース
・海ぶどうの和風リゾット
・和風テンダーロインとフォアグラのロッシーニステーキ
黒猫亭ジョンヌの家パイヤールワイン会921回

|

« サントリー山崎蒸留所 | トップページ | 黒猫亭ジョンヌの家パイヤールワイン会922回 »

黒猫亭パイヤールワイン会 お店編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サントリー山崎蒸留所 | トップページ | 黒猫亭ジョンヌの家パイヤールワイン会922回 »