« 常滑 招き猫 | トップページ | 浜松餃子 石松 »

2014年7月17日 (木)

新美南吉美術館ごんぎつね

新美 南吉 (にいみ なんきち) 作006
ごんぎつね
というきつねがいました。ごんは、 ひとりぼっちの小ぎつねで、しだのいっぱいしげった森の中に、あなをほって住んでいま した。そして、夜でも昼でも、辺りの村へ出てきて、いたずらばかりしました。しかし、兵十に栗を毎日届けたのに、兵十に火縄銃で撃たれてしまいます。
どうして
こんなに悲しい物語を作ったのでしょうか小学校からの疑問は、美術館を訪問しても、残念ながら解けずです

|

« 常滑 招き猫 | トップページ | 浜松餃子 石松 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常滑 招き猫 | トップページ | 浜松餃子 石松 »