« 太陽の塔 | トップページ | つぐら舎 新春つぐら市 »

2014年1月20日 (月)

黒猫亭ジョンヌの家パイヤールワイン会908、909回

031今回の食材はチーママのフランス旅行のお土産モン・ドール(Mont d'Or)はヴァシュランとも呼ばれ、フランスとスイスの国境、ジュラ山脈、モン・ドール(黄金の山)一帯で作られる、ウォッシュタイプのチーズです。032 フランス産とスイス産両方のモンドールがあり、一般的な形は、直径約15cm、高さ5cmほどの円盤状。エセピアと呼ばれる、もみの木の樹皮で側面を囲み、さらにもみの木箱に入っています。常温でもトロトロに柔らかく、クリーミーでなめらか、上品でうっとりするような味わいです。製造期間も8月15日~翌年3月15日と決まっている、季節限定のチーズ、季節感を大切にする日本人の心をくすぐるチーズ、熟成され更に美味しくなった時期です。Tさん差し入れ李音のパン
キルノンチュエ5つのソーセージ
・ソオスイス・ドゥ・モンペリアール
・ソスイス・ドゥ・トウールーズ
・ソスイス・ドゥ・フランクフォール
・ソスイス・ア・ラ・プロヴァンス
・コンテチーズ入り燻製加熱ソーセージ
ソーセージの名前の話 (伊藤ハムHPより)3説
ソーセージという名前はどうしてできたのでしょう?語源にはいろいろ説があるようです。
1 ドイツ語で牝豚“Sau”と、香辛料のセージ“Sage”の合成語で、豚肉に香辛料で味付けしたものという意味。
2. ラテン語で塩漬け“Salsus”からきている。
3. “Sause”と“Age”の合成語で、塩水の意味をもつ“Sause”と熟成の意味をもつ“Age”で塩水に漬けた肉を熟成させたものという意味。
などなど様々な説がありますが、ものの名前のほとんどがそうであるように、その真偽のほどはわかりません。
029 030
033 一人では飲むのには抵抗があるワイン勢揃い、集まれば飲めるのがうれしいです。
白泡・CAV SAPPORO MARUYAMA ZOO
白・Pernand Vergelesse2009Philippe charlopin-parizot

・Pernand Vergelesse2008
Philippe charlopin-parizot
Bourgogne2007 Ch.de la Maltoryer
・Bourgogne2008 Perrot-Minot

・EMPREINET Beajolais Nouveau
さん差し入れ2本
・Beau Paysage TSUGANE la montagne trance2010
・Chambolle Musigny Domaine A.F.GROS
・Ricebourg 2004
Domaine de la Romanee-Conti Fさん差し入れ
翌朝はチーママと
CAV SAPPORO MARUYAMA ZOOで乾杯。黒猫亭ジョンヌの家パイヤールワイン会909回

|

« 太陽の塔 | トップページ | つぐら舎 新春つぐら市 »

黒猫亭パイヤールワイン会 黒猫ジョンヌの家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽の塔 | トップページ | つぐら舎 新春つぐら市 »