« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ワイナリーめぐり15勝沼

127中央葡萄酒「グレイスワイン」勝沼町の鳥居平を中心に良質の甲州ワインを生産。山梨県明野町と北海道の千歳にも自社畑ワイナリー。2010年7月に商業ベースで初めて、甲州のワインをヨーロッパに出荷。勝沼の御三家の一つルガブランカの勝沼醸造 、グレイスワインの中央葡萄酒、ルバイヤートの丸藤葡萄酒工業)
130マンズワイン 勝沼ワイナリーキッコーマンが親会社、ワイナリーめぐり5に登場した長野県小諸市にもワイナリーがあるが勝沼ではデイリーワインを製造、リュナリス」シリーズが柱、栽培技術として「レインカット方式」を開発、交配品種として「信濃リースリング(シャルドネ×リースリング)」「シャルドネ・ドゥ・コライユ(甲州×シャルドネ)」を開発。

| | コメント (0)

2013年4月29日 (月)

割烹 中島

Securedownload_2新宿にあるミシュラン1つ星の割烹料理屋さん。ここは、平日ランチに若い板前さんの修行の場として、鰯料理に限定したランチが¥800~食べられます。一時期、お手頃な価格で星付きのお店のランチが食べられると話題になってたお店。メニューは刺身、フライ、煮魚、柳川の4種で、焼魚定食は焼いて美味しい5月~6月のみ出しているそうです。注文は柳川定食¥900に煮魚を単品¥600で追加。煮魚はほんとに絶品です!柳川は鰯フライを卵でとじてあり、美味です。焼魚が出る季節にまた行きたいなぁ
Securedownload_1 Securedownload_2_2

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

牡蠣料理のポイント

008067牡蠣を調理する際、炒める場合は勿論。一度湯通しすると、ジューシーなお汁が閉じ込められ、ぷりぷりに仕上がります
牡蠣炒め、お好み焼きには必修な調理方法です。

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

È PRONTO ビーンズ武蔵中原店

068_2069黒猫の最寄駅は南部線武蔵中原&武蔵小杉。 È PRONTO ビーンズ武蔵中原店は、テラスでワンちゃんと一緒に食事が出来ます。ものすごくビールがうまいCAFEの看板もそそります
プレミアムモルツやハイボール飲み放題980円やってます

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

ニュータンタンメン本舗

020中目黒リュードシュリの帰り、やはり食べてたニュータンタンメン本舗。フレンチのフルコースの〆は必ずラーメン。ご飯無料だと、しっかりライスもオーダー。黒猫はデザートは苦手ですが、チョコ系は大好き。いくらでも食べます。ラムたっぷりのサバランは大好きラム好きです。021 表参道のブノワはかけ放題でテーブルに酒精強化系を置いてくれるので、焼きデザートにたっぷりかけて食べるのが大好き木の実たっぷり焼き菓子は、ホール1個丸ごと普通。そうだ、らーめんの話を中目黒にはラーメン屋がいっぱいあるのに、毎回リュードシュリの帰りは、なぜここなんだろう

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

新宿西口 五大陸

009 3次会は新宿西口に移動。居酒屋メニューになると、またまた別腹に、単身暮らしは、魚焼くのヤダから、魚食べておこう。写真とってないけど、会計明細みると、のど黒日干し819円、010 海鮮チジミ661円、鶏の火柱焼き682円、牛もつ煮込み661円、真イカ沖漬けパスタ787円、鶏の軟骨揚げ682円、タコの唐揚げ609円。ビールもヒーガルデン、ギネス、バスペールエールと1人3杯は飲んでました。毎日良く食べ、飲んで、仕事は時間内で精力的にだよねぇ

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

六本木の焼き肉An

焼き肉屋も六本木はおしゃれ ワインもすごーい散々、1次会で飲み食べしたけど、お肉は、また別腹でーす。
007_2 008_2

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

六本木ザ クラシカ 東京

002六本木駅 徒歩3分、乃木坂駅 徒歩5分なのになぁ~。地下鉄は、ほんと大変。一番近い出口7番で出ようとしたら、下ったり、登ったりの繰り返し、さっさと外に出た方が良かったなぁ~。005_2 六本木ザ クラシカ 東京で16時~パーティー。その後焼き肉、そして3次会でも、みんなお腹ペコペコ。山梨と違い、電車の移動は体力使うなぁ。
ダイエットなんかしないで、家にこもらず、外食に出かけよう
003 004

| | コメント (0)

2013年4月22日 (月)

かんかん商店

店内はレトロナ感じ。ラーメンサラダが黒猫のお気に入り、手羽先は、お店の看板メニューです。
011 012 013 015 016 017 018 019

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

ASTERISK1103

005黒猫の大好きなお料理とワインが揃う渋谷のお店です。大好きな鴨がジューシワインはソ-ヴィニヨンとシュナン・ブラン。ソーヴィニヨンの特徴は桃、酸は感じず、黄桃はヴィオニエ。シュナン・ブランは花梨、黄色い花とハチミツが混ざった感じ。黒猫亭パイヤールワイン会875回
007 008

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

水耕栽培

031キッチンでお野菜の水耕栽培。出てきた葉を収穫野菜のくずは、活用しましょう

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

自由ヶ丘でお花見フレシュバール篤

007駅から徒歩5秒のこけつ横町のお店。1人でも落ちつけるカウンターには、パスターを1人で頂いている人が入れ替わり必ずいます。2H、46種類のワインが1500円で飲み放題黒猫は会社のメンバー&メンバーファミリーと制覇しましたぁ。お子ちゃまを除くと11名。店長から、制覇した初めてのお客とおほめの言葉でも、損はないそうです。輸入ワイン1本1000円以下だものねぇ。国産がメニューリストに記載なし。国産で1000円以下だと品種別は厳しいねえ。料理も大満足。お店の売り、アクアパッツアはお薦め。夜3時まで営業もうれしいです。2次回のお店イルスーゴも良い店。自由ヶ丘もいいねぇ。東急沿線大好き
008 009 010 011 012 015

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

中目黒のお花見リュド シュリでテイクアウト

010桜が一揆に開花、急きょお花見がてら中目黒のリュードシュリ行こうと思ったものの満席。リュードシュリはワインコイン500円料理が充実で、黒猫の大好メニューキャロット・ラペとパテェをテイクアウトして、お花見に。011 席が空くまで、でぐち屋酒店に行き、ワイン2本購入しお花見、恒例イベントなので、さすが、皆さんなれたものでグラス(プラスチック)ダンボール、一品料理を持参。ワインが足りずカクヤスでチョイス。012 2時間30分でそれもなくなり、お店の前で待機しようと移動し始めた時にお店からTEL。よいタイミング さらにお店にキープのシャルロパンパリゾーのペルナンペルジュレス08年 白・赤でゆっくり黒猫亭パイヤールワイン会874回
013 014 015 016 018 019

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

黒猫亭鍋 鶏肉紫蘇ロール

008鳥肉を開いて梅ぼしの紫蘇を乗せて、サランラップで巻き、レンジで5分ほどチンします。鍋に入れるから少々生でもOK。そのまま食べる時は8分くらいかなぁ。太さにもよるけど。輪切りにして入れるとカラフルになるし、梅干しの紫蘇も活躍。ぽん酢を入れたような味わいのアクセントにもなります

| | コメント (0)

2013年4月16日 (火)

魚武酒場

011ビール2個注文すると、お店のマスタは、はぁいビールにゃんこといいますよぉ サワーは19時まで100円。1度に3杯飲める大きなヒューガルデンのグラス300円は飲みごたえあり、014 裏メニューのうに100gのせ1500円はすごーい。のりの下にたっつぷり隠れてます。料理がほんとうに、美味しくて良いお店です。子供とお母さんの親子2組で来て、みんなそれぞれ丼物を頼で食事モードもいいです黒猫亭パイヤールワイン会873回
013 012

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

料理は目で楽しむ

087089盛り付けは重要黒猫料理は盛り付けも大切にしています。さりげない料理も盛り付け次第とんかつ武蔵の刺身の盛り付けは素敵です
092041_2

| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

ワインの資格受験対策38日本

ワイン法まとめ10
【日本】

日本ワインをしばる法律は「酒税法」と、日本ワイナリー協会自主基準の「国産ワインに関する表示基準」
酒税法の管轄は国税庁。アルコール1度以上の飲料に対して課税
ワインは一般的には果実酒、酒精強化ワインは甘味果実酒にあたる事が多い
果実酒の規定

甘味果実酒の規定

国産ワインに関する表示基準の2006年からの新基準。
海外原料混和も国産ワインと名乗れる。輸入原料使用の表示必修
品種表示のみ可能75%以上
・国産ぶどう100%だと、産地、ヴィンテージ、品種や特定用語の表示が可能
・産地、ヴィンテージ、品種の表示は75%以上
・山梨・山形の県産認証シール、長野県の原産地呼称管理制度(2003年~)

| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

ワインの資格受験対策37南半球

ワイン法まとめ9
【アルゼンチン】1959年11月6日制定 国立ぶどう栽培醸造研究所
原産地呼称制度D.O. 認可及び、申請中の5生産地
認可 メンドーサ州  ルハン・デ・クージョ(中央部)
             サン・ラファエル(南部)
    ラ・リオハ州  バジェス・デ・ファマティナ(ラ・リオハ)

申請中 メンドーサ州 マイプ(中央部)
              トゥプンガト(バジェ・デ・ウコ)
地方別、栽培生産状況(2005年)圧倒的なメンドーサ(69.9%)、サン・ファン(22.1%)、ラ・リオハ(3.9%)の3生産地で、全体の95.9%を占める

【チリ】
管理機関はSAG 品種は15%以上で、多い順に3品種まで
原産地呼称はD.O.
産地、品種、ヴィンテージ全て規定は75%以上
品質補足表示(レセルバ等)⇒最低アルコール度数の規定はあるが、熟成期間の規定はない

【オーストラリア】
1929年 連邦政府 WAC 
最低アルコール度数4.5%以上、補糖不可。酸化防止剤、保存料の番号で表示
2012年に輸出許可制度が変更され、輸出前検査が廃止されたが、100リットル以上の場合はチェック
地理的呼称はGIGeographical Indications
GIの決定権は、GICGIはヨーロッパの原産地呼称法と比較すると、ブドウ栽培、ワイン醸造の面で自由度が高い。
ヴァラエタル・ワイン、ジェネリック・ワイン、ヴァラエタル・ブレンド・ワインという3つのスタイルがある。
[表示基準]
GI:85%以上3つ以下のGIのぶどうのブレンドで、合計95%以上の場合は、GIを多い順に表示出来る。複数GIをブレンドしても産地表示出来る。
ヴィンテージ85%以上
品種85%以上。主品種が3種類以下の場合は、品種全てを表示。
5種類以下でそれぞれ5%以上含まれる場合は品種全てを表示。
ヴァラエタル・ブレンド・ワイン


【ニュージーランド】オーストラリアと同じ
監督省庁は食品衛生安全局NZFSA
ラベル表示は、2007年から品種、ヴィンテージ、産地全て85%
地理的呼称GI。

【南アフリカ】1973年に原産地呼称法が制定。南アフリカの原産地呼称はWine of Origin(W.O.)
合格A ナンバー
【表示基準】
W.O:産地100%
ヴィンテージ:85%以上
品種:85%以上
産地:85%以上
2010年からサスティナビリティ認証シールの導入
瓶内二次醗酵のスパークリングはキャップ・クラシックと表記

| | コメント (0)

2013年4月12日 (金)

ワインの資格受験対策36アメリカ

ワイン法まとめ8
【アメリカのワイン法】
BATF→2003年から管轄省庁はTTB

規定は州別
                            規定     カルフルニア  オレゴン
産地 表示    州名   75%以上   100%               95%
                  群名   75%以上     75%以上          95%
          AVA   85%以上     85%以上         95%
                 畑名   95%以上     95%以上          95%

ぶどう品種              75%以上     75%以上      90%以上

収穫年表示 州名・群名85%以上   85%以上     95%以上
               AVA     95%以上      95%以上     95%以上        

瓶詰め規定 違いをチェック
・エステイト・ボトルドとプロプライアター
・グロウン、ヴィントナー・グロウン

ワインのタイプ
メリテージ・ワイン:ボルドー・ブレンドのワインの事

| | コメント (0)

2013年4月11日 (木)

ワインの資格受験対策35カナダ

ワイン法まとめ7
【カナダのワイン法】
規定は洲別で異なるので注意
・VQA制度:1988年オンタリオ州、1990年ブリティッシュ・コロンビア州で導入
・VQA規定特別栽培地域:DVA=Designated Viticultural Areas 現在9箇所
・原産州表示:100%その州のぶどう
特定栽培地域表示
 オンタリオ州85%以上、ブリティッシュ・コロンビア州95%以上。 
 オンタリオ州はヴィティス・ヴィニフェラ種のみ、ヴィダル種のアイスワインだけは例外に認められる。
・畑名表示:100%。オンタリオ州はヴィティス・ヴィニフェラ種のみ、ヴィダル種のアイスワインだけは例外的に認められる。
収穫年表示:オンタリオ州は85%以上、ブリティッシュ・コロンビア州は95%以上
・品種名:85%以上
ヴァラエタルワイン 単一品種の場合85%以上
その他 Estate Bottled と 表記する為にはワイナリー所有、管理のぶどうのみ
ブリックス等級の最低限糖度含有

| | コメント (0)

2013年4月10日 (水)

ワインの資格受験対策34その他ヨーロッパ

ワイン法まとめ6 覚える事、いっぱい 覚えても忘れて行くから、繰り返し覚えるしかないなぁ。
【ハンガリー】
1956年にワイン法制定。14地区
1994年改定20の指定地区が認可
1997年改定22の指定地区が認可。2004年にEU加盟

スロヴェニア
テーブルワイン 原産地表示付きテーブルワイン

デジェウノ・ヴィノPGO:プリモスカ、ポドラウイエ、ポサウイエいずれか1地域のぶどう使用。全体の37% スロヴェニアには、原産地表示なしのテーブルワインなし。

上級ワイン 統制保証原産地産上級ワイン
カコヴォストノ・ヴィノZGP:更に細かい14地区。全体の54%。補酸・減酸禁止

ヴルフンスコ・ヴィノZGP:カコヴォストノ・ヴィノより評価特典が高い。全体の9%。補糖・補酸・減酸禁止。

※お遅摘み、貴腐化したぶどうにはプレディカート記載
ボズナ・トゥルガテウ 
エクスレ92以上
イズボール       
エクスレ105以上
ヤゴドニ・イズボール 
エクスレ128以上
スヒ・ヤゴドニ・イズボール 
エクスレ154以上
レデノ・ヴィノ      
アイスワイン

クロアチア
テーブルワイン
・ストウノ・ヴィノ
・ストウノ・ヴィノ・コントロリラーノ・ポデュリエトロ(原産地付きテーブルワイン。エリアは沿岸部と大陸部

上級ワイン 統制保証原産地産上級ワイン
・クヴァリテートノ・ヴィノ・コントロリラーノ・ポデュリエトロ12地域の統制原産地の中の1地域のブドウのみを使用。
・ヴルフンスコ・ヴィノ・コントロリラーノ・ポデュリエトロ66地区に分けた、1地区産のブドウのみを使用。補糖・補酸・減酸禁止。

※お遅摘み、貴腐化したぶどうにはプレディカート記載
カスナ・ベルバ    
エクスレ94以上
イズボルナ・ベルバ 
エクスレ105以上
イズボルナ・ベルバ・ボビツァエクスレ127以上
イズボルバ・ベルバ・プロスス
エクスレ154以上
レデノ・ヴィノ -7℃で収穫したアイスワイン エクスレ127以上

ルーマニア
原産地と品質に関する法律
D.O.C.C.
D.O.C.(EUのA.O.P)
V.D.O.C.
I.G.(EUのI.G.P)

収穫状況に関する法律
C.M.D.完熟期に収穫(カビネットの感じ)
C.T.完熟期より遅め(シュペトレーゼの感じ)
C.S.選別後収穫(アウスレーゼの感じ)
C.I.B.貴腐菌発生後(ベーレンアウスレーゼの感じ)
C.S.B.レーズン状
C.M.I.貴腐菌が発生し完熟後(トロッケンベーレンアウスレーゼの感じ)

ブルガリア
1.テーブルワイン
①.テーブルワイン:全生産量の74%
②原産地表示付きテーブルワイン:全体の17%

2.質ワイン:全体の7%
GAO
GADO

ギリシャ
1.Oinos:テーブルワイン 3つのカテゴリー
・普通のテーブルワイン
CAVA:
テーブルワインの熟成タイプ。
レッツィーナ:モストに松脂を加え醸造。白と稀にロゼあり。Savatiano種。

2.Topikos  Oinos ギリシャの国内品種300種類あまりを活用、ラベルの生産地名、ヴィンテェージ、管理番号は農務省に登録

3.O.P.E.
・甘口あるいはデザートワインに限られる
・ぶどう品種はマスカット種、マヴロダフネ種
マスカット種のつくり方
Vin Doux Naturel。2日目にALc添加 酒精強化タイプ 残糖128g以上 熟成1年以上
Grand Cru 上記の厳選されたもの 
Vin Naturellement Doux陰干しタイプ 残糖150g以上 熟成5年以上
Vin de Liqueur 残糖150g以上 熟成8年以上
マヴロダフネ種の作り方
醸造法は Vin Doux Naturel

4.O.P.A.P.
・ギリシャの最上級ワイン。1971年に最初の認定はナウサ。
・レゼルヴとグラン・レゼルヴの熟成規定をチェック

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

ワインの資格受験対策33オーストリア

ワイン法まとめ5
【オーストリア】ドイツに似ているけど違いをチェック
糖度規定はドイツエクスレと異なるKMW(クロスターノイブルグ・モストヴァーゲ)
1869年アウグスト・ヴィルヘルム・フライヘン・フォン・バボ氏が開発
KMW17%→Brix20.1エクスレ83.8度
KMW14.4→Brix17%エクスレ70度
オーストリアのKabinettはドイツのKabinettよりエクスレ度高い

2002年以降ドイツ式糖度による分類に加えて、DACと呼ばれる原産地呼称制度導入
2012年8DAC

P379-380の各DACの認可品種、クラッシック、レゼルヴェのAlc
基本許可品種はグリューナー・ヴェルトリーナー

主要生産地域4
ニーダーエスターライヒ、ブルゲンラント、シュタイヤーマルク、ウィーン

品質分類
1.地理的表示なしワイン1-1ヴァイン1-2ヴァインm.A.v.S.p.o.J国名のみが表示可
・国内原料使用
KMW10.6度以上
・収量が上位のワイン以下の場合、ぶどう品種名とヴィンテージを表記可能。
・ベルクヴァインとホイリゲは表示可能。

2.保護地理的表示ワイン(ラントヴァイン)栽培地方名のみ表示可。限定的生産地域は表示不可 g.g.A
・単一のぶどう栽培地方35許可品種
KMW14度以上
収量1ha9000kg、ワイン1ha6750Lこれを上回ると地理表示なしワイン

3.保護原産地表示ワイン(Qualitatswein,KabinettePradikatswein)のみ包括的/限定的生産地域も表示可能 g.U
・クヴァリテーツヴァインはKMW15度以上で補糖可、補糖後KMW19度以Alc9%以上 
・カビネットは17度以上、補糖不可。残糖9g/Lを超えてはダメ 辛口 Alc13%以下
・プレディカーツヴァイン
7段階の品質区分がある。
単一栽培地区産のぶどう使用・補糖やズースレゼルヴェは不可、Alc9%以上

I.シュペトレーゼ
KMW19度以上収穫翌年1月1日以降発売可能 
※発売可能日もドイツと異なるので注意。ドイツはカビネットが11日以降、シュペトレーゼ以上が31日以上

Ⅱアウスレーゼ
KMW21度以上アウスレーゼ以上は収穫翌年51日以降発売可能.

Ⅲベーレンアウスレーゼ
KMW糖度25度以上、過熟及び貴腐のぶどう使用

Ⅳ.アイスヴァイン
KMW25度以上 収穫時、あるいはプレス時に凍結したぶどうを使用※ドイツと異なり樹上凍結義務なし

.シュトローヴァイン/シルフヴァイン
KMW25度以上 ワラ、芦の上、紐でつるし3か月以上自然乾燥て糖度を高めたぶどう使用※イタリアのパッシート、フランスのパスリヤージュと同じ製法。ドイツには無いクラス
    
.アウスブルッフ
KMW27度以上 貴腐または樹上乾燥ぶどう使用。※ブルゲンラント州のルスター・アウスブルッフが有名。これもドイツにはないクラス

.トロッケンベーレンアウスレーゼ
KMW30度以上、樹上で自然乾燥した貴腐ぶどう使用。 

P383※ベルクヴァイン(山のワイン)傾斜が26度を超える畑からのぶどうを原料としたワイン

| | コメント (0)

2013年4月 8日 (月)

ワインの資格受験対策32スイス

ワイン法まとめ4
【スイスワイン法】フランスに似た感じ
運用はカントン(洲、行政区)に委任
連邦政府は1951年10/3連邦農業法
1992年6/19連邦ぶどう栽培法
1995年3/1食糧に関する規定 ODA
2009年1/1ぶどうの品種に関する規定
2010年8/1栽培、醸造に関する規定
・Vin de Table
・Vin de Pays
・A.O.C.(ドイツ語圏はK.U.Bイタリア語圏はD.O.C.)A.O.C.は
78
品種、収穫量、最低糖度が語圏により規定をチェック

--各州の伝統的ワイン--Vin de Paysに含む
ヴァレー:ドール(P.Nとガメ85%以上、ファンダン(辛口、品種はシャスラ)、ヨハニスベルグ(甘口、品種はシルヴァーナー)
ヴォー:ドラン、サルヴァニャン
ティチーノ:ノストラーノ

スイスの代表ロゼワインOeil-de-Perdrix ウイユ・ド・ペルドリ P.N90%

ヴァレーやヴォーを代表するGrand Cru(ジュネーヴではPremier Cru)の規定は各洲の法律で定めている。

産地として大きな州は1.ヴァレー州(5,001ha)、2.ヴォー州(3,814ha

イタリア語圏のティチーノ州が黒ぶどうを92%栽培

| | コメント (0)

2013年4月 7日 (日)

ワインの資格受験対策31スペイン

ワイン法まとめ3
【スペイン】1926年10月26日リオハで統制委員会設立
1932年スペイン国単位のワイン法成立:フランス1935年より早い 
ビニェードス・デ・エスパーニャは新EU法はヴィノ・デ・ラ・ティエラに含まれるため6段階
2003年以降、熟成期間が1.は1000L、2-6は上限が600L
1.ビノ・デ・メサ:EU法での地域表示なしワイン。テーブルワインの事。ブランド名のみ表示可。地域、ぶどう品種、ヴィンテージ表示不可
2.ビノ・デ・ラ・ティエラ:ある特定の地域名を名乗ったテーブルワイン。生産地域は2011年版では43。
3.ビノ・デ・カリダ・コン・インディカシオン・へオグラフィカ(V.C.I.G.):地域名つき高級ワイン。2011年現在、5地域が認可。
このカテゴリーで5年経つと、D.O.への昇格を申請出来る。
4.デノミナシオン・デ・オリヘン(D.O.):
このカテゴリーで10年経つと、D.O.Caに昇格を申請出来る通常ラベルには原産地名とD.O.表記必要CavaとSherryはD.O.表記が不要 2011年現在67のD.O.が認可
5.デノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダ(D.O.Ca):。D.O.の中でも特にすぐれたエリアに認められた高品質ワイン。認可されているのは、リオハ1991年とプリオラト2009年の二つのみ。
6.ビノ・デ・パゴ(V.P.):他とは明らかに異なる特徴を持つワイン、単一ぶどう畑に与えられる格付け。際立った特徴を有していれば、D.O.やD.O.P.の範囲外であっても認可される。2003年~品質基準はD.O.Ca.に準ずる。 2011年現在9つのパゴが認定

P.343 300L以内の樽熟成をしたものに限り以下の表記可。白・ロゼの樽熟成はどれも最低6ヶ月
①クリアンサ⇒赤は最低24ヶ月2年(うち最低6ヶ月は樽熟成)  白・ロゼは最低18ヶ月
②レセルバ ⇒赤は最低36ヶ月3年(うち最低12ヶ月は樽熟成)白・ロゼは最低24ヶ月
③グラン・レセルバ⇒赤は最低60ヶ月5年(うち最低18ヶ月は樽熟成)白・ロゼは最低48ヶ月

| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

ワインの資格受験対策30イタリア、ポルトガル

色々覚えて振り返るとほとんど忘れいたりイタリアのDOCGは完ぺきにしたいと1週間がんばったものの、日によってこんがらがったり、覚えられないDOCGに集中しても、やはり翌日すぐ出てこない。試験大丈夫かなぁ~ 選択問題であれば、出来るので、とりあえず先に進む事にしました。盆さんはすごいなぁ。毎日の勉強もちゃんとしなきゃぁ

ワイン法まとめ1 フランスとドイツに続きワイン法まとめ2 

【イタリア】
1716年トスカーナ大公国のコジモ3世が線引きした原産地⇒キアンティ、カルミニャーノ、ポミーノ、ヴァルダルノ ディ ソプラ記載追加
1963年イタリア初の原産地呼称法

1966年にD.O.C.に最も早く認定、ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ、フラスカーティ等
1980年にD.O.C.G.に最も早く認定、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、バローロ等

P.246 ヴィーノ・スプマンテの風味表示⇒数値はシャンパーニュと同じ、呼び名の変わるSec⇒Secco、Doux⇒Dolce注意

ワインの3段階の格付けと旧ワイン法との対照
Vino⇒旧Vino da Tavola
IGP⇒旧IGT
DOP⇒旧DOCとDOCG
P.247 ワインの風味表表示⇒基本の4つの他に、※で示されている3つの風味表示。Cannellino。
ノヴェッロのポイントも覚えましょう

【ポルトガル】イタリアに似ているので一緒にUP
1756年のポートが世界初の原産地管理法。 DO制度は1907年から導入。1986年にEU加盟。

旧2008年のEU新ワイン法以前 4段階
1.Vinho de Mesa(テーブルワイン)
2Vinho Regional(地ワイン)
3.I.P.R.
4.D.O.C.

新ワイン法 イタリアと同じ品質分類なので同時にまとめました
1.Vinho

2.IGP 11個
3.DOP 31個

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

美々卯の宅配うどんすき

__豪華2人前で1万円。でも価値大有りお出汁が薄味で、とても上品すぎるくらい。うどんは後にして、ダシで具だけ食べた方が正解でした。

| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

ビーンズ武蔵中原100円寿司

006100円のお鮨が半額。2本購入で100円19時ごろは、種類もあり狙い目です。

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

後屋 幸楽

033ご近所さん達と行ってきました。徒歩で一番近いお店なので、ご近所さんとの飲み会は3回に1度は幸楽なんです。2Fは10人以上入れるお部屋が6個、ふすまを外せば、いくらでも大宴会が開けます035 ご近所の仕切りやさんが餃子、チヤーハン、トリモツ煮、親子丼がお好きなようで、予約と同時にオーダーしてくれるので後のオーダーはお子様達にお任せでした。 なのでメニューを見たことなかったのですが、ラーメンメニューも充実しているようで、うまやんラーメン714円を是非

034_2

B級グルメ会の幹事の時に幸楽さんを推薦して制覇したいと思います。甲府市後屋町668−2     055-241-2164

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

アニヴェルセの結婚式

宮崎葵ちゃん、今井美樹さんが式をあげた式場。120名着席可能のアンテーィークのステンドグラスが輝くチャペルで式を挙げた後、表参道の一般歩道を歩いて通行している皆さんから祝福。今回の挙式のビックリは、デザート食べ放題。デザートコーナーがセットされ、でも、飲んでる方が黒猫は良いので、見にいかなかったのですが、写真だけでも撮っておけば良かったなぁ。黒猫の帯は猫達がワイングラスを手にして踊っているオリジナル黒猫は和装も洋装も黒猫、草履のはなわも黒猫です
005 006 007 008 009 010

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »