« ワインの資格受験対策37南半球 | トップページ | 料理は目で楽しむ »

2013年4月14日 (日)

ワインの資格受験対策38日本

ワイン法まとめ10
【日本】

日本ワインをしばる法律は「酒税法」と、日本ワイナリー協会自主基準の「国産ワインに関する表示基準」
酒税法の管轄は国税庁。アルコール1度以上の飲料に対して課税
ワインは一般的には果実酒、酒精強化ワインは甘味果実酒にあたる事が多い
果実酒の規定

甘味果実酒の規定

国産ワインに関する表示基準の2006年からの新基準。
海外原料混和も国産ワインと名乗れる。輸入原料使用の表示必修
品種表示のみ可能75%以上
・国産ぶどう100%だと、産地、ヴィンテージ、品種や特定用語の表示が可能
・産地、ヴィンテージ、品種の表示は75%以上
・山梨・山形の県産認証シール、長野県の原産地呼称管理制度(2003年~)

|

« ワインの資格受験対策37南半球 | トップページ | 料理は目で楽しむ »

ワイン試験対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワインの資格受験対策37南半球 | トップページ | 料理は目で楽しむ »