« ワインの資格受験対策31スペイン | トップページ | ワインの資格受験対策33オーストリア »

2013年4月 8日 (月)

ワインの資格受験対策32スイス

ワイン法まとめ4
【スイスワイン法】フランスに似た感じ
運用はカントン(洲、行政区)に委任
連邦政府は1951年10/3連邦農業法
1992年6/19連邦ぶどう栽培法
1995年3/1食糧に関する規定 ODA
2009年1/1ぶどうの品種に関する規定
2010年8/1栽培、醸造に関する規定
・Vin de Table
・Vin de Pays
・A.O.C.(ドイツ語圏はK.U.Bイタリア語圏はD.O.C.)A.O.C.は
78
品種、収穫量、最低糖度が語圏により規定をチェック

--各州の伝統的ワイン--Vin de Paysに含む
ヴァレー:ドール(P.Nとガメ85%以上、ファンダン(辛口、品種はシャスラ)、ヨハニスベルグ(甘口、品種はシルヴァーナー)
ヴォー:ドラン、サルヴァニャン
ティチーノ:ノストラーノ

スイスの代表ロゼワインOeil-de-Perdrix ウイユ・ド・ペルドリ P.N90%

ヴァレーやヴォーを代表するGrand Cru(ジュネーヴではPremier Cru)の規定は各洲の法律で定めている。

産地として大きな州は1.ヴァレー州(5,001ha)、2.ヴォー州(3,814ha

イタリア語圏のティチーノ州が黒ぶどうを92%栽培

|

« ワインの資格受験対策31スペイン | トップページ | ワインの資格受験対策33オーストリア »

ワイン試験対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワインの資格受験対策31スペイン | トップページ | ワインの資格受験対策33オーストリア »