« ワインの資格受験対策32スイス | トップページ | ワインの資格受験対策34その他ヨーロッパ »

2013年4月 9日 (火)

ワインの資格受験対策33オーストリア

ワイン法まとめ5
【オーストリア】ドイツに似ているけど違いをチェック
糖度規定はドイツエクスレと異なるKMW(クロスターノイブルグ・モストヴァーゲ)
1869年アウグスト・ヴィルヘルム・フライヘン・フォン・バボ氏が開発
KMW17%→Brix20.1エクスレ83.8度
KMW14.4→Brix17%エクスレ70度
オーストリアのKabinettはドイツのKabinettよりエクスレ度高い

2002年以降ドイツ式糖度による分類に加えて、DACと呼ばれる原産地呼称制度導入
2012年8DAC

P379-380の各DACの認可品種、クラッシック、レゼルヴェのAlc
基本許可品種はグリューナー・ヴェルトリーナー

主要生産地域4
ニーダーエスターライヒ、ブルゲンラント、シュタイヤーマルク、ウィーン

品質分類
1.地理的表示なしワイン1-1ヴァイン1-2ヴァインm.A.v.S.p.o.J国名のみが表示可
・国内原料使用
KMW10.6度以上
・収量が上位のワイン以下の場合、ぶどう品種名とヴィンテージを表記可能。
・ベルクヴァインとホイリゲは表示可能。

2.保護地理的表示ワイン(ラントヴァイン)栽培地方名のみ表示可。限定的生産地域は表示不可 g.g.A
・単一のぶどう栽培地方35許可品種
KMW14度以上
収量1ha9000kg、ワイン1ha6750Lこれを上回ると地理表示なしワイン

3.保護原産地表示ワイン(Qualitatswein,KabinettePradikatswein)のみ包括的/限定的生産地域も表示可能 g.U
・クヴァリテーツヴァインはKMW15度以上で補糖可、補糖後KMW19度以Alc9%以上 
・カビネットは17度以上、補糖不可。残糖9g/Lを超えてはダメ 辛口 Alc13%以下
・プレディカーツヴァイン
7段階の品質区分がある。
単一栽培地区産のぶどう使用・補糖やズースレゼルヴェは不可、Alc9%以上

I.シュペトレーゼ
KMW19度以上収穫翌年1月1日以降発売可能 
※発売可能日もドイツと異なるので注意。ドイツはカビネットが11日以降、シュペトレーゼ以上が31日以上

Ⅱアウスレーゼ
KMW21度以上アウスレーゼ以上は収穫翌年51日以降発売可能.

Ⅲベーレンアウスレーゼ
KMW糖度25度以上、過熟及び貴腐のぶどう使用

Ⅳ.アイスヴァイン
KMW25度以上 収穫時、あるいはプレス時に凍結したぶどうを使用※ドイツと異なり樹上凍結義務なし

.シュトローヴァイン/シルフヴァイン
KMW25度以上 ワラ、芦の上、紐でつるし3か月以上自然乾燥て糖度を高めたぶどう使用※イタリアのパッシート、フランスのパスリヤージュと同じ製法。ドイツには無いクラス
    
.アウスブルッフ
KMW27度以上 貴腐または樹上乾燥ぶどう使用。※ブルゲンラント州のルスター・アウスブルッフが有名。これもドイツにはないクラス

.トロッケンベーレンアウスレーゼ
KMW30度以上、樹上で自然乾燥した貴腐ぶどう使用。 

P383※ベルクヴァイン(山のワイン)傾斜が26度を超える畑からのぶどうを原料としたワイン

|

« ワインの資格受験対策32スイス | トップページ | ワインの資格受験対策34その他ヨーロッパ »

ワイン試験対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワインの資格受験対策32スイス | トップページ | ワインの資格受験対策34その他ヨーロッパ »