« ワインの資格受験対策27 | トップページ | 寺泊海岸住吉屋でカニ三昧 »

2013年1月28日 (月)

ワイナリーめぐり6 St.Cousair

027_21/12-13新潟 すべてが素晴らしいワイナリーサクゼール 冬景色も良いけど、暖かい季節はテラス席もいいなぁ。心あたたまるおもてなしのレストランでイスラエルの友好ワイナリーEVER RED エヴァー・レッド2005飲みながらキャセロールに入った暖かメニュー

019以下、HPより
「ワインは料理と共にあり、互いに寄り添いながら、素晴らしいハーモニーをつくり上げるのです」
お料理のコース名は音楽に因んだ言葉で表現をしています。

026

飯綱町の地の利を表現するという事は、お客様のご覧になる景色、お召し上がりいただくお料理そして雰囲気等の全てがマリアージュをして、音楽のようなハーモニーを奏でる事だと考えます。
022カプリスはお仲間同士で違うお料理をチョイスしてお楽しみいただけます。
フォルクローレは月替わりで季節毎の新鮮な地元食材を使って、地産地消をテーマにご提案してます。
024ヴィルトゥオーソとは オーケストラなどの楽器の演奏者に対しての言葉で、特に優れた演奏者に与えられる称号です。サンクゼールのキッチンスタッフが、レストランというホールで、信州の食材をヴィルトゥオーソのように表現したいという思いを込めて名付けました。
018 017_2 020 021_2 025 016

|

« ワインの資格受験対策27 | トップページ | 寺泊海岸住吉屋でカニ三昧 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ワイン試験対策」カテゴリの記事

日本ワイン検定」カテゴリの記事

ワイナリーめぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワインの資格受験対策27 | トップページ | 寺泊海岸住吉屋でカニ三昧 »