« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

京都 割烹なかじん

036高倉六角の炭火と天ぷらのお店075-257-2288 1ヶ月前に予約したのでOKだったようです。奥のカウンター席の前は、天ぷら鍋があり、基本ご主人がそこで料理をするので、お相手していただけます。037色々行きたいけど次回も絶対行きたいお店です。ワインは丹波ワイナリーを。以下HPより丹波ワインの創業は1979年。照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫が、海外で駅の ホームやカフェで気軽に愉しめるワインの旨さに驚き、038そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違う。何度試しても同じ結果。そこには臭い、言葉、温度、湿度など、歴史が培った食文化が重要であることに気づく。そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財をなげうって自ら日本、京都の食文化に合うワイン造りを目指します。丹波で日本酒の酒蔵をお借りし、ワイン造りを始めました。JR園部駅-丹波ワイナリー間で無料シャトルバスを予約運行してます。次回はワイナリーめぐりもしたです
039044 040  045  046043 042 041

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

京都 三条会商店街

060二条城から歩いて三条商店街へ。堀川通り~千本通りの間約800mの長いアーケード店舗数約180店と飲食から雑貨まで何でもそろう商店街です。抹茶入りソフトクリームを食べながら歩いて、一番最後の精肉・ミートショップヒロでコロッケ購入。中はホクホク衣はサクサクすごく美味しいです。駅にも近くどこへ行くのも便利、二条城、二条陣屋、神泉苑、壬生寺、元祇園など史跡めぐりの途中に是非
034033

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

京都非公開文化財特別公開

013_200911月2日~秋の京都非公開文化財特別公開宿泊の東急ハーベストに10時到着。駐車場が空いてて、ラッキー。車を止め(駐車代無料)徒歩2分の京都御所を参拝。お昼はどこにしようかと、次の目的地二条城を目指して歩き、そそる店発見センボンカリー。何にしょうか?チキン南蛮、牛筋カレーetc。並んで待つ間悩みぬいた結果、野菜カレーと味噌豚ライスに決定。カウンターのみ7席。マスター1人ですが手際が良いのに関心しました。1日目の観光は2軒でしたが、見ごたえ大有り。お薦めです。年輪の幅も、寒かった年は014_2015016狭く、時代の季節感を感じました。
017021_4022 023 024 028      032 030 029

| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

ミシュラン3星 鮨さいとう

001入り口で作成中のからすみお椀の中の焼酎を乾いてはぬって仕上げますこんなに大きいの初めて にぎりは前回までは全部UPしてましたが今回は、にぎりの撮影は止めにして、食べるのに集中。
002 003 004 006 005 007でも、にぎり前の映像はUP ずらりと並んだマグロは、冷蔵庫からまな板に出し魚の油を常温に戻し、その間に別のにぎりが出てきます。前回もマグロが1番最初にまな板に乗りましたが、3番手。マグロが美味しい時期。中トロ、大トロetc 2月まで予約いっぱいで黒猫はお預けですが、キャンセルが出たらお声かけを約束、即行きます
010 011 013 014

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

Jean Paul Hevinのマカロン

112マカロン好きとして、たまりませぬサクサク、ふあぁ、とろ~り種類の豊富さも魅力です

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

ワインの資格受験対策25 葡萄の病気

カビ
・うどんこ病:5-10新梢、葉、枝、果粒に白いカビ。果粒変形、硬くなる。
・黒痘病:
多湿期新梢・葉は褐色の斑点。花穂に発生すると枯れ開花・結実なし。果粒は灰色や赤褐色に変色。
・ベト病:
6-10高湿期葉・茎は淡黄色や褐色の斑点。果粒に発生すると灰色か淡黄色に変色、腐って落下。
・灰色カビ病:
低温多雨の花穂は腐る。収穫前の果粒は褐色斑点が現われ、灰色のカビで覆われ腐る。
・褐斑病:5-6月葉に褐色の斑点、落葉させ葡萄の完熟を阻む。
・晩腐病:
5-710月まで続く。果粒に淡褐色の斑点が扇状に広がり腐る。
ウイルス
・リーフロール病:晩夏に葉が下方に巻き変色。果粒の成熟遅れ、糖度が劣る。
・フレック病:葉に斑点、感染広がると葉が
上方に巻き、奇形
・コールキーバーク病:
幹がコルクか葉の変色、葉巻
・ファンリーフ病:
葉の変形・変色。樹の衰弱

| | コメント (1)

2012年11月24日 (土)

ワインの資格受験対策24 日本ワイン検定ポイント

日本ワイン検定2級ポイント黒次。1級ポイント青字
北海道2大ワイナリー:1963年池田町ブドウ・ブドウ酒研究所、初の町直営の十勝ワインは1960年のブドウ愛好会の発足。北海道ワイン、1974年おたるワイン、450ha日本最大
明治~大正 
1875年(明治8年)札幌市に北海道開拓使官園開設
1877年(明治10年)開拓使直営のワイナリー
1879年(明治12年)製造石高6石1寸(1098L)
1887年(明治20年)上記が払い下げ花巻葡萄酒醸造所に
1891(明治24年)谷七朗が引き継ぎ北海道葡萄酒醸造所に改名
1907年(明治40年)札幌葡萄酒合資会社として発展
1913年(大正2年)廃業。フィロキセラで、対策がわからずに失敗
同時期函館付近にブドウ園、プロシアの商人ガルトネル
1870年(明治3年)七重官園 政府はガルトネルに報奨金をはらい権利買取
1871年(明治4年)七重農業試験所
1876年(明治9年)七重勧業試験場と改名。北海道の南端、七飯町にあったが
廃業に。続いていたら北海道最古のぶどう園
昭和時代
1972年(昭和47年)札幌冬季オリンピックを契機に北海道のワイン新時代
1960年(昭和35年)丸谷金保が町おこしとして池田町池田ブドウ研究所
十勝ワインが苦戦していた頃山梨出身の蔦村彰福が洋裁業の機械購入の為ドイツに行き、飲んだワインに感動、ワイン造りを鶴沼(浦臼)に広大な農地を購入、北海道ワイン
昭和~平成
1975年(昭和50年)まで次々誕生

山形県(P.53~55)
1990年高畠ワイン高畠町:本坊酒造と当時の町長の協力で生まれた、高畠町は古くから「まほろばの里」と呼ばれる豊かな土地
1920年(大正)タケダワイナリー上山市:1970年代、武田重信氏による土壌改良で躍進、岸平典子氏はビオディナミ農法も取り入れ、垣根仕立てのギュイヨ・ドーゥーブル式100%山形産ワイン
赤湯の4つのワイナリー
1892年酒井ワイナリー:山形で最も古いバーダップワイン、ノンフィルター
1939年大浦ぶどう酒:山形ワイン
1939年須藤ぶどう酒:桜水ワイン
1940年佐藤ぶどう酒:金渓ワイン

岩手県(P.56)
1986年葛巻高原食品加工葛巻町:第3セクター、ヤマブドウのワイン
1962年エーデルワイン花巻市:岩手県最初のブドウ栽培地大迫町、県内産ブドウ100%

山形県 江戸~明治
近年長野に抜かれるまでは、山梨に次ぐ日本2位のワイン産地
江戸時代中期から山形県は甲州種を栽培していた。山梨の金山関係者が持ち込んだと伝えられている。
大正~昭和
赤湯は蜂ブドーの神谷伝兵衛の養子の生家があった関係、甘味葡萄酒の原料供給地に
1940年(昭和15年)第二次大戦中には軍需物資としての酒石酸取りのため60社ものワイナリーがあった(現在4社)。
1920年タケダ・ワイナリー上山町、武田重三郎、日本で本格的発泡ワインを最初に出したのがここ。キュベ・ヨシコ
浜田モンサン
昭和~平成
1990年(平成2年)高畠ワイン誕生。山梨でマルスワインですでに成功していた焼酎メーカーの本坊酒造出資、規模東北一

静岡県(P.57)
2000年中伊豆ワイナリーシャトーT.S.伊豆市:シダックスグループの志太勤氏が設立。垣根でCSやシャルドネ、プティ・ヴェルドを栽培
埼玉県(P.57)
1940年秩父ワイン秩父郡:源作印ワイン、両神山の麓
栃木県(P.57)
ココ・ファーム・ワイナリー足利市:
こころみ学園の生徒たちにより開墾
山梨県・勝沼地区(P.59~65)
シャトー・メルシャン:日本最古の民営ワイナリー、大日本山梨葡萄酒会社がルーツ、甲州のシュール・リー製法を開発、甲州の柑橘系のアロマを引き出す「きいろ香」製法を開発、産地全体のレベルアップに貢献。自社畑は勝沼の城の平と、長野県上田市のマリコ・ヴィンヤード(20ha)
マンズワイン 勝沼ワイナリー:キッコーマンが親会社、長野県小諸市にもワイナリーがあり勝沼はデイリーワインを製造、リュナリス」シリーズが柱、栽培技術としてレインカット方式を開発、交配品種信濃リースリング(シャルドネ×リースリング)シャルドネ・ドゥ・コライユ(甲州×シャルドネ)」を開発。
サッポロワイン 勝沼ワイナリー:創業100周年にワイン事業参入(1976年)、主なブランドは「グランポレール」
中央葡萄酒グレイスワイン:勝沼町の鳥居平を中心に良質の甲州ワインを生産。山梨県明野町にも自社畑、明野と北海道の千歳にもワイナリー。2010年7月に商業ベースで初めて、甲州のワインをヨーロッパに出荷。勝沼の御三家の一つ。
丸藤葡萄酒工業ルバイヤート:ブランド名は詩人の日夏耿之介が命名。1989年から垣根仕立に取り組む。勝沼の御三家の一つ。
勝沼醸造アルガブランカ、アルガーノ、ボルドーのマグレグループ(シャトー・パプ・クレマン等)の一員で、アルガブランカ イセハラが海外輸出されている。社長は有賀さん。勝沼御三家の一つ。

1855年ルミエール笛吹市一宮町1855年、自然派志向
山梨県・勝沼以外(P.66~69)
サントリー 登美の丘ワイナリー甲斐市
サドヤ甲府市シャトーブリヤン:甲府駅のすぐ北にある1917年創業の老舗。早くからカベルネ・ソーヴィニヨンやセミヨン等のヨーロッパ品種に取り組む。

P.25 山梨県
江戸~大正
江戸時代既に葡萄の主要産地 
1868年山田宥教がワインを試醸
祝村葡萄酒醸造会社(メルシャンの前身)が高野正誠、土屋竜憲の二人をフランスに派遣
第二次大戦時は酒石酸生産のため2,700軒生産者
昭和~平成
東京オリンピックの頃から状況変化
大手⇒サントリー登美の丘から「シャトー・リオン」シリーズ発売。1960年三楽がメルシャンに変更して勝沼に工場建設。同時期マンズも勝沼に新工場建設。
1977年(昭和52年)にはサッポロビールが勝沼に工場を建ててワイン業界に進出
中小⇒早くから本格ワイン造りに進出した二企業
1917年(大正6年)
サドヤ
1857年甲州園現ルミエール
御三家:丸藤葡萄酒工業、中央葡萄酒、勝沼醸造
山梨を支える大学と県
山梨大学:醸造面での技術的支柱
山梨県当局:ワイン産業発達に協力な指導(国産ワインコンクール開催、ロンドンでの甲州試飲会等)

長野県(P.70~72)
長野御三家:林農園(五一ワイン1911年創業)信濃ワイン(1916年創業)井筒ワイナリー(1933年創業)
ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー東御市:画家で文筆家の玉村豊男氏のワイナリー。標高が高く、降雨量が少ない。メルロー、シャルドネが評価

マンズワイン 小諸ワイナリー小諸市:トップレンジの「ソラリス」を生産、マンズワインの高級ワイン拠点。
1942年小布施ワイナリー小布施市:元は日本酒の蔵元、曽我彰彦氏
1979年サンクゼール上水内郡:斑尾山の山麓に位置、自社畑のシャルドネの評価高い。

P.19 長野県
明治
1872年(明治5年)桔梗が原の開拓 豊島新三郎
大正~昭和
1926年(大正15年)林五一氏が出荷組合長として寿屋、現サントリーとメルシャンの工場誘致に成功。甘味葡萄酒の原料地として盛況⇒第2次世界大戦後、甘味葡萄酒の衰退とともに低迷
1976年(昭和51年)メルシャン浅井昭吾が林五一氏が栽培を続けていたメルロに注目し桔梗ケ原のメルロが注目される
昭和~平成
老舗御三家林農園(五一ワイン)井筒ワイン信濃ワイン+Kidoワイナリーが牽引車
ジュースで成功したアルプスのワインへの本格参入
メルシャンにより、北信地区のシャルドネも注目される
県北部は小布施ワイナリー、サンクゼール久世さんはクリスチャンであり事業経営能力もあり注目
県東部はマンズワイン小諸ワイナリー、勝沼の本社は日常用の低価格ワイン、小諸は高級ワイン「ソラリス」シリーズ
平成
県東部(東御市)ヴィラデスト:玉村豊男氏のワイナリー。初めは宝酒造のワイナリー計画、中止、玉村氏がワイナリーを決心
マリコ・ヴィンヤード:東御市の対岸。メルシャンが20haの自社管理畑を全てワイン専用品種、垣根仕立で栽培

新潟県(P.73)
岩の原葡萄園上越市:川上善兵衛氏が設立。川上品種のマスカット・ベーリーAやブラック・クイーンを栽培。
欧州ぶどう栽培研究所(カーブドッチワイナリー)新潟市
兵庫県(P.74)
神戸みのりの公社神戸市:神戸ワイン第三セクター、神戸産100%
岡山県(P.76)
サッポロワイン岡山ワイナリー赤坂町:マスカット・オブ・アレキサンドリアのワインが有名
島根県(P.76)
奥出雲葡萄園木次町:地元有志有機栽培、ヤマブドウの交配も取り組む
島根ワイナリー出雲市:島根わいん第三セクター
大分県(P.77)
三和酒類 安心院葡萄酒工房安心院町:いいちこの三和酒類が経営、原料は全て安心院産
宮崎県(P.78)
都農ワイン都農町:第三セクター、高温多雨地帯で「尾鈴ぶどう(キャンベル・アーリー)」からのワイン等を産む。キャンベル・アーリーのワインはイギリスのワインレポートで高評価。
熊本ワイン 熊本市:熊本産100%高畠ワイナリー傘下の本坊酒造 菊鹿町産シャルドネは国内コンクールでも評価

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

ワインの資格受験対策23 日本ワインの貢献人物伝

日本ワインの貢献人物伝 1.2級のポイント
黒猫亭パイヤールワイン会ブログのワインの資格受験対策15、19
1級のポイント
岩野 貞雄日本の醸造コンサルタントの走り。「十勝ワイン」「ふらのワイン」「アグルコア越後ワイン」「神戸みのり公社神戸ワイン」の指導。
澤登 晴雄ヤマブドウ研究の第一人者。「小公子」「ブラック・ペガール」「ホワイト・ペガール」「ワイングランド」等 多くのヤマブドウ交配品種を産み出した。

仕立て方の工夫
林 五一
 林農園の独自開発仕立て スマート仕立て、ポット栽培
棚仕立の代表「X字仕立て」「一文字短梢仕立て」多くの果実をつける。
小川孝郎一文字短梢仕立て。台地には草を上、ブドウ根を深く伸ばす工夫。1haあたりの密植率が高
志村富男マンズ・レインカット栽培法垣根仕立て+簡易雨避け装置により、ブドウ樹に雨をあてず、菌由来の病気の発生を減少。
グレープガード方式マンズレインカットの欠点を克服改善⇒作業性、光合成阻害、経済性、風雨の強度。ブドウの実のすぐ上にビニールのフィルムを張って、ブドウ果のみを雨から守る方法。



    

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

ワインの資格受験対策22 日本ワインテースティング

第2回日本ワイン検定。今年度2012年から1級試験が開始。1級の出題は、日本ワイン検定公式テキスト50%、日本ワイン検定公式テキスト上級編50%との事。今回新たに発行された、上級編の交配品種はポイントかなぁ。黒猫亭ブログワインの資格受験対策20、21試飲は受験者の人数からある程度量産できるところでエーデルワイン五月長根園リースリング・リオン、登美の丘ワイナリーのリースリングフォルテ、月山ワインソレイユルバンヤマソービニオン、サッポログランポレール北海道ケルナー、北海道ワイン鶴沼ツヴァイゲルトレーベかなぁ
交配品種の書き方は母親品種×父親品種。病気や寒さに強い品種を母親に、香味特徴は父親。母親品種は甲州やヤマブドウ。父親品種はリースリングやカベルネソーヴィニヨン
等ヨーロッパ系が主流です。
清舞・山幸の交配品種は寒さに強く
盛土は不要
清美は北海道の寒さでは盛土必要
ヤマブドウ:日本に自生する野生種の総称。ヴィティス・コワニティー

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

nanakoとクロネコヤマトカード

006nanakoクロネコヤマトがひとつになったカード。会員になるとお得、今ならヤマト運輸で送っても、受け取っても、ポイントがたまるクロネコポイントキャンペーンが8月からスタート。クロネコポイント150ptでオリジナルミニカー[非売品]等の交換・抽選に参加できます。

| | コメント (0)

2012年11月20日 (火)

吉田のうどんサファイア

092サファイアは国道138号線を富士吉田市から山中湖に向かい、郷土資料館がある信号を左折し、1km走るとホテル鐘山苑が右にあり、正面にあります。店内はスナックの様で洋酒が並ぶカウンター席と座敷があります。麺は固めなので冷やしたぬきは噛み締めて噛み締めて味わう、盛りがすごいので、大盛りはお腹と相談すべきです。

| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

吉田のうどん新倉屋

091新倉屋下吉田駅裏、駅から110m。創業60年老舗です。肉天うどんの天ぷらはイカ天450円、かけうどんは300円です。吉田のうどんはきゃべつを使ってますが、こちらのお店では使っていないです。汁は煮干のいい香りが広がります

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

ザ ナショナルカントリー倶楽部

117富士山がすぐ横にありながら木に覆われていて見る事ができません唯一アウト1番ールの正面から見る壮大富士は感動。プレー中に後ろを振り返ると壮大な富士が見えますが、余裕のない黒猫。ホールは広くて見通しが良いのですが、そんなに飛ばない黒猫には関係なく、バンカーがグリーンまわりに必ずあり、前日の雨で、バンカーが池状態(水はけ最悪)難易度高いです平日食事付きで7800円食事は良いです
114 115

| | コメント (0)

2012年11月17日 (土)

きゅうりレシピ2

051021きゅうりを巻いたお料理。きゅうりの中はシーチキンと大根サラダ お手軽ですが、可愛いでしょ 黒猫は時間をかけないけど、食卓は楽しくです

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

ポチ428

106黒猫亭パイヤールワイン会851回渋谷ヒカリエショップ1Fの立ち飲みワインバー。道路から直接入れます。前回行った時はランチタイムだっからか、いすがありました ワインはお手ごろ価格で豊富。前回それを知ったのでソービニヨン2950円、シュナブラン3150円。つまみもお手軽価格で、どれもワインとの相性バッチリメニュー。ワイン選びは棚の空ボトルに金額が書かれているので、ボトルの裏ラベルを見たり、表示内容を自由見て、オーダーできるところも素敵。こうゆうお店増えてます

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

ワインバー マイアミパティオ

103黒猫亭パイヤールワイン会850回渋谷ヒカリエと道路を隔た渋谷警察所側のワインバーマイアミパティオ渋谷ヒカリエ前店。11時~24時まで営業しているので、前からチエックしていました、まぁお手ごろといった感じ 104_3 黒猫のポテ皿制覇のポテ皿もあったのでOKでも、かなり評価チーズの盛りあわせもあるのでワイン好きには良しかなぁ

| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

明治記念館の披露宴

100和式の挙式も良いです日本人ですもの。披露宴中の雨は、緑深き庭園の木々を美しく輝かせ新郎と新婦の凛として清らかな生き方を感じ日本の美しい結婚式でした。その感動と共に、更に日本ワインへの気持ちが深まりました。ワインは他のお酒と違い年月を重ね、よりマイルドになる場合、また、さまざまに変化保管環境による変化。それこそ成長を見守れるところが、黒猫のワインへの思い。購入してからの、成長過程も楽しみの1つ。いつ飲むか?だれと飲むか?お二人の人生もワインのように、熟成して、素晴らしい人生にねぇ。写真は満喫した料理、披露宴の時間内に食べるのに大変メンバー集ので黒猫亭パイヤールワイン会849回
101 102

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

増田誠 山梨県立美術館

増田誠 パリ-人生の哀歓展1920~1989フランス長く活躍した山梨県出身の洋画家。パリ街角「人生」に感動しました
120 121

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

ブノワオペラディナー

秋は「美食の秋」「芸術の秋」オペラフランス料理の饗宴ソプラノ 盛田麻央さんの響きわたる美声。流れる旋律の余韻を楽しみながらブノワのお食事。黒猫亭パイヤールワイン会848回
029 030  033031

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

そば レシピ

料理教室、これは何人前ですかの質問。食べる人の量によるのでしょうから、そんな事気にする必要ないよねぇ。おぎのきょうこ先生大好き。先生は適当につくり、あまれば、色々アレンジ、共感黒猫は、そばをパスタ感覚でアレンジ。ソースで炒めたり、レトルトカレーにからめたり、野菜乗せとかお中元の頂き物や、シーズン過ぎの売れ残りセールでゲットすると黒猫の食卓にONメニュー
031038

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

きゅうりレシピ1

きゅうりを巻くと素敵なメニュー。中味は酢飯とホタテの貝柱。きゅうりの皮は市販のキムチとあえて使います。
083066

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

インターコンチネンタル東京ベイ

披露宴に出席目の前は、悠然と横たわるレインボーブリッジベイエリア。壮大なパノラマが素敵浜松町駅とホテルの往復バスが20分おきににでているので便利です。
044054  045 050 047 046

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

溜池山王 すし さいとう

18時30~の黒猫の前も予約。にぎりのみでもお願いの方(すごーい)17時~22時の間に、何回転するのやら。来年の2月いっぱい、全て満席。3月はさすがに、まだ予定表を作成していないとの事。本日行くので粘ってきます。4種類の日本酒を全部制覇。銘柄は影寅しか覚えてないです
077078079084_2085087 080086_2 088_2 089 090 091 092 093 094 095 096 097   083 082 081

| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

アカボシ

007酒膳 牛たん 麦とろ 坊気門の帰り。3兄弟一郎、次郎、三郎。:超濃厚の次男の黒次郎を選択。 三郎はあっさりだそうです。味わいのバリエーションがあるラーメン屋は何回か通わねば、語れませんねぇ
111 112

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

渋谷 vini di Arai

黒猫が尊敬する先生のお店です。ワインはお任せ、バチット決めてくれるので、今日の料理とワインはな何かなぁ~と着席して待つだけの、最高のおもてなしレストランです。黒猫亭パイヤールワイン会847回
003 004 005 006 007 008 009 010

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

青山バル 

061ニッカウイスキービル1F。リストを見てびっくりなんとBeau Paysageがあるんです。購入は出来ないけど、結構飲食店では飲めます。迷う事なく、Beau Paysage Tsugane Rosato 2011ロゼ 品種:メルロー100%無濾過で若干濁りのあるロゼ。木苺のような香味に加え、不思議な香りも。062 2本目は60種類以上の日本ワインが並ぶ棚から、価格もボトルに書かれているのでワインリストを見る必要もなく飲みながら次のワインを物色Chateau Lumiere prestage class カベルネフラン 2010 バニラの甘く華やかな香りとハーブの青い香り、味わいはエレガント。063 3本目は〆として冷えた白で爽やかにとココ・ファーム 2011 農民ドライ 白 シャルドネ46%, ケルナー35%, ミュラートゥルガウ13%, リースリングリオン1%, その他5%の香味がフルーティーなアッサンブラージュ。料理もワインもお店のスタッフも良いです。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

よしだのうどん なび

017ひばりが丘高校の生徒達が編集。良くできてます、地図があればいいのになぁ。2冊目が出ましたが、あっという間に完売。それにしても、観光案内所の女性2名のやるきのなさに、あきれます。

| | コメント (0)

2012年11月 3日 (土)

荒井基之副会長 黄綬褒章受章

104荒井基之副会長、平成24年春の黄綬褒章受章お祝いパーティー 素晴らしい。ほんと、ワインの素晴らしさ、楽しさを普及し、ヴィニ ディ 荒井に訪れたお客様を笑顔にしてくれます。ほんと、頂くべき方。いつもながら大判ぶるまいのワインと料理。ワインの写真を撮るべきでした

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

麺屋千代松 渋谷ガード下

111 昨日のブログの帰りに、やっぱり行っちゃった。渋谷ガード下には3軒あった記憶の1軒で炙り鳥潮ラーメン。薄味で黒猫好みのいい感じです。付け麺も気になりますが、お隣2軒も次回

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

渋谷ASTERISK 1103

ふと。予約なしに入店。渋谷のビリヤードバングースで遊んでるご近所SさんとNさん、まだ仕事のチーママにして、黒猫亭パイヤールワイン会845回。ASTERISK1103すご~。黒猫大好きメニューのオンパレードなのに全て新メーニューに切り替え。そこで新メニューを全てオーダー。こんなに美味しいのに、前のメニューはどんなの見逃せないお店が、また増えてしまいました黒猫亭パイヤールワイン会846回
105 106 110 109 108 107

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »