« 中原区 創作ダイニング月光 | トップページ | 熱海 わんたんや »

2012年1月31日 (火)

ラ・ヴィンスチュブ・デュ・シャンバール(アルザス地方)

001 ブノワで開催されるFOOD FURANCE2011-12年、3回目オリヴィエ・ナスティのラ・ヴィンスチュブ・デュ・シャンバール(アルザス地方)
アルザス地方コルマールに程近い"皇帝の山"を意味する街カイゼルスベルグ。アルザスといえば「ワイン」「シュークルート」、それを楽しむ場所「ヴィンステュブ」。「ヴィンステュブ」はアルザス語で、ワインやビールとアルザス料理を食べさせてくれるお店の事。地元評価No.1は、MOF(国家最優秀職人資格)を2007年に取得したシェフ、オリヴィエ・ナスティのヴィンステュブ
002今回のメニューはエスカルゴ、フォアグラ、サンドル(川魚)、マンスターチーズ等の食材の伝統的なアルザス料理。それて必ずシェフ自ら仕込みをするという特製シュークルート。産地からこだわったシュー(キャベツ)の甘さとそれを漬け込むリースリングワインの酸味がおりなす絶妙な味

0032人とも、アミューズブーシュ+前菜2品+メインディッシュ+デザート+コーヒー+小菓子 ¥ 7 200のコース 

ジャガイモとマンステールチーズの入ったフロマージュブラン「ビブレスカス」、前菜:エスカルゴのポワレとパセリのスープ、鱈とサーモンのゼリー寄せ“プレスコプフ”、オニオンタルト、アルザス風薄焼きピザ“フラメンクーシュ”、メイン:アルザス風シュークルート、魚介のシュークルート、デザートはチーズの盛り合わせにしていただけました

004ボトルワインMuscat\5700、Pinot Noir Beyer\8500、グラスでRiesling\1100、Pinot gris\1100、Marc d'Alsace\1400 雪が降り続けるにもかかわらず、2人(Oさんと黒猫)は最後の客に。北平さんの素敵な接客でついつい飲みすぎてしまいました

今年度最後を飾るのはリヨンから車で50分ほどの花と緑の美しいヴォナ村から、有名シェフ、ジョルジュ・ブランの「ランシエンヌ・オーベルジュ」です。FOOD FURANCEの企画は毎回参加です http://www.chateauxhotels.jp/foodfrance/event/2011tokyo/detail02/

005 006 007
008

|

« 中原区 創作ダイニング月光 | トップページ | 熱海 わんたんや »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中原区 創作ダイニング月光 | トップページ | 熱海 わんたんや »