« バー 六本木 | トップページ | ゆうしょく亭の手羽揚げ »

2011年6月15日 (水)

鮨 さいとう

023ブルゴーニュー魂の西方さんが企画する会に参加。ミシュラン三ツ星のお寿司屋さん 最寄り駅は東京メトロの溜池山王駅から徒歩5分ぐらい。アメリカ大使館前の「日本自転車会館」の中1F。どこが入り口だろうと、1周してしまいました オフィスの入り口を入った通路のような所にお店があります
024_2夜は17時30分~19時30分と20時~の2回転。御造りは、白えび:ううぅ甘い シャンパンを飲みながら。。。ウニは馬糞と紫、北海道産です。明礬で洗っていないので、甘さが引き立ちます。025_2 蛸は超柔らか、大根で思い切り叩いて、繊維を切るそうです。数分煮ただけで柔らかくなるそうです。今度挑戦してみます。鮑、しゃこも そのままでも美味しいのですがお好みで塩が提供されます。 026_2027 鯛のさしみ&あんこうの肝 最高に美味しいです。シャルドネを飲んでいましたが、日本酒をオーダー。蟹の味噌も最高。味噌汁は具がなく刻みネギのみのジジ味汁。
028 いよいよ握りここも醤油を自分でつけるのではなく、適切なものに、はけで塗って出してくれます。握りはまず鮪を切っているいるので、鮪からかなぁ。と思いきや鯛からでした。鮪は冷蔵庫から出してすぐは、脂肪が冷たいからだそうで、常温に戻します。ここでは、基本3秒でネタが沈むとの事で写真は、この2枚だけ。軍艦巻きは基本ないそうで、青柳の貝柱の時だけ、うにも握りで提供されます。アナゴの白焼きもタレと塩が続いて出てきました休む暇なしです。ガリと茄子の漬物が美味しくておかわり
029 030

|

« バー 六本木 | トップページ | ゆうしょく亭の手羽揚げ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バー 六本木 | トップページ | ゆうしょく亭の手羽揚げ »