« 神楽坂 日本情緒たっぷり | トップページ | 魚串 さくらさく »

2011年5月30日 (月)

くまくま 頑張ったよ

021_2たま動物病院にお迎えに行く日の14時ごろです。くまくまはお星さまになりました。なな君がなくなると同時に来てくれた「くま」黒猫ママが川崎に戻らなければならない日は、クッションに自分で乗り、ママのお膝にも乗せてと。034 甘えてくれました。とってもとっても良く出来たニャン。山梨に帰った晩は、ひたすら黒猫ママの顔に頭をすりすりしてくれたクマです。写真は、頑張っていたクマです。小さくカットした タオルを置き何回も変えてあげ、お口を拭いてあげていたので、先週、病院に行く時は、口からの分泌物も、ほとんど出なくなっていたのに。クマ幸せをありがとう。

|

« 神楽坂 日本情緒たっぷり | トップページ | 魚串 さくらさく »

黒猫亭訪問ニャン達」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。くまちゃんを亡くしたこと、自分の責任、特にダァーがそうです。でも、警戒心が強い、クマがあれだけ甘えん坊になるようになったのは、ダァーのおかげと感謝してます。
でも、他の子を受け入れられなくなっているのは事実。その事が、更に夫婦心が痛みます。スージベロさんの経験(ブログ)を頼りにしてます。黒猫亭ブログで応援してくださいねぇ。これまでの感謝をこめてありがとうございます。

投稿: 黒猫亭 | 2011年6月15日 (水) 23時01分

黒猫亭さん、毎日単身赴任でお仕事お疲れ様です。
くまちゃんを亡くしたこと、ご自分のせいだと思ってらっしゃる節がありますが、そんなことはないですよ。
半野良で、えさやりさんからあまり愛されていなかったくまちゃんに、美味しいごはんと暖かい居場所を与えてくれたのは黒猫亭さんですから!

>これ以上、黒猫亭のニャンに不幸な思いをさせたくない。
とのことですが、こまるちゃんやシマちゃんの受け入れをやめて、彼女たちはお腹をすかせることはないのでしょうか?
今、訪問ニャンたちは不幸なのでしょうか?
そこが心配です。
私もわたみやその兄弟たちに外で食餌させていた頃は、ナメクジやゴキブリ、ハエなどに悩まされました。
で、結局「置きエサ」はやめました。
猫の来訪時に随時食餌対応するのは大変ですが、それしかありませんでした。
しかし、それをお忙しいご主人にお願いするのも辛いところですね・・・。

いずれにせよ、人間の事情に猫は必ずしも沿ってくれませんので、人間もある程度の妥協や我慢、そして努力は必要だと思います。

黒猫亭さんはななくんと出会い、野良猫、捨て猫に対する佳き理解者になられたと思います。
私も獣医を目指そうか・・・と考えたことがありましたが、生憎数学が苦手なので即断念し、別の形で猫たちに尽くすことにしました。
黒猫亭さんも、色々お考えがあると思いますが、そんなに考えすぎずにこれからも楽しく猫ライフを送っていただきたいです。
楽しくないと、せっかく素敵な出会いをした猫ライフも行き詰まってしまいますから。

これからも、黒猫亭さんを応援していますよ~!

投稿: スージーベロ | 2011年6月14日 (火) 23時26分

コメントありがとうございます♪
なんと返信して良いか?黒猫ママは川崎勤務。ダーは毎日忙しく、宿直もある状態でして、訪問ニャンに充分な事ができませぬ。このままだと。。こまるにも毎日、外にご飯をあげていますが、ナメクジがお皿にいます。との事。これ以上、黒猫亭のニャンに不幸な思いをさせたくない。黒猫ママが会社を辞めて、常に在宅できる日まで、ニャンの受け入れは、しばらくお預けした方が良いかなぁ?とダーの結論。黒猫ママもはじめて口内炎になりました。クマの辛さが理解できます。しかし人間なので、ムリやりでも食べようと努力します。仲間も連れ出してくれますので、なんとかクマ見たいにはなりませぬが。スージベロさんの様に介護が出来る状態になるよう努力し、その後、全てのニャンの暮らしを豊かにしたいです。ダーもそうして欲しいといいます。もともと理科系で獣医になりたかってのですが、学費からあきらめました(育英会や大学の援助で卒業してます)。でもこれからでも遅くないかも。頑張ります。

投稿: 黒猫亭 | 2011年6月14日 (火) 22時09分

久々に黒猫亭さんのブログにおじゃまして、クマちゃんが亡くなったことを知りました。
せっかく黒猫亭さんの家族になれたのに、残念でなりません・・・。

でも、クマちゃんの晩年は、人間に愛される喜びと人間に甘える心地よさを満喫できたのではないでしょうか。
悔やまれることもあるかと思いますが、これからも黒猫亭に集まるにゃんずのために経験を生かしてください。
黒猫亭さん、お疲れ様でした!

投稿: スージーベロ | 2011年6月10日 (金) 22時28分

ありがとう。黒猫ママがクマに、いちばん幸せをもらいました。クマにも、ありがとう。とっても優しくて、思いやりのあるニャンで不思議な魅力がありました。ふれる事も抱きかかえる事も出来なくなろましたが、不思議なパワーが届きます。

投稿: 黒猫亭 | 2011年5月30日 (月) 22時01分

クマのご冥福をお祈りします。
半分野良ちゃんだったクマも黒猫亭で可愛がってもらって、幸せだったと思いますよ。

投稿: S | 2011年5月30日 (月) 21時08分

この記事へのコメントは終了しました。

« 神楽坂 日本情緒たっぷり | トップページ | 魚串 さくらさく »