« 毎日ワイン生活 | トップページ | ステーキにはカベルネソーヴィニヨン »

2011年4月 6日 (水)

コムタン ラーメン

012708回黒猫亭パイヤールワイン会。金麦桜ラベルで乾杯。春らしい素敵なラベル。サントリーのキャンペンでゲットした職人作成クラスで頂きます。泡がきめ細く、こんもり、うぅ美味しそう。しっかり煮込んで味が染み込んだ、とろとろの豚肉煮込み。Sさんがお料理を次々作ってくれるのを平らげ(とっても感謝)014茄子のミートソースのチーズ焼き、生トマトの味わいを感じる酸味のきいたソース。ミスジ焼きもとろ~りじゅーしで美味しいです。 文京区小林豆腐店 久間吉豆腐(木綿)がんもどき
015がんもどきは小林豆腐店のうり焼きで食べるのが最高。 銀杏もたっぷり、いろいろ入っており、納得のおいしさです。ごまの大葉漬け、芽ネギのキムチ、イカキムチ、岩海苔漬けをつまみながら、最後はこれらを乗せてコムタン ラーメン017 ワインはガングランジェのピノ ブラン、ピノ・ノワール、ピノ・グリはミネラルたっぷり、生魚と食べると生臭く相性が悪いですチーママキープ、ルイ・シュニュのサヴィニ・レ・ボーヌ1er。この日はなんと黒猫と同じくピノ・グリ(マルク・テンペ)を持参。次回のキープになりました。

|

« 毎日ワイン生活 | トップページ | ステーキにはカベルネソーヴィニヨン »

黒猫亭パイヤールワイン会 武蔵小杉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日ワイン生活 | トップページ | ステーキにはカベルネソーヴィニヨン »