« 麻布十番のナニワヤ | トップページ | レストラン 狼屋 »

2010年12月14日 (火)

割烹 小田島

007行けば、またすぐに行きたくなってしまう不思議なお店、小田島一番最初に到着した黒猫にマダムが雑誌を貸してくれました
カウンター席で1人。ムッシュ稔さんと息子さんが仕込みをしているのを見ているのも幸せです。かす付け用のタラを息子さんが裁き、稔さんがワインの瓶に入ったみりんを酒かすに入れます。今日は食べれないの。残念
008稔さんがカウンター席の2人の男性にワインの説明。男性お2人は、熱心にお聞きしワインに感動してます。黒猫も早く飲みたいなぁ。ここはいつも男性客ばかり。不思議です。息子さんが、お客様にお出しする料理の盛り付けしている所をじっくり観察。。盛り付けのセンスも必要よね。ポイントをお聞きすると、基本お箸で食べるので、食べられやすいサイズとお皿を埋める事だそうです。
009_20106品の小鉢にあわせては3種類のシャルドネアメリカ&?&フランス。いつも関心なのは、ここの塩から、ワインにとてもあうのです。ポイントはゲットしましたでも秘密にしておきます。黒猫は1品1品食べてましたが、遅れて到着のSさんの4品並びをUPします。フォアグラ大根には、定番ソーテーヌ。ここで記憶が途切れて写真もなしです。こんな飲み方をしてはいけません(反省です)

|

« 麻布十番のナニワヤ | トップページ | レストラン 狼屋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麻布十番のナニワヤ | トップページ | レストラン 狼屋 »