« T’S銀座&SHERRY CLUB | トップページ | 1919年当時のシャンパン品種 »

2010年3月25日 (木)

テール ド トリフ

003005006 008 004007 こんな事をいいはるシェフがいます。どうなんでしょうか「白トリュフには1円の価値もない」「1-2月の黒トリュフにこそ、その価値はある」「トリュフをスライスして上に乗せただけの料理は、料理ではない」

こんな事を聞いたやさき、先日、小田島にうかがった所、メニューにないサプライズおまけの黒トリフ丸ごと煮たる料理を1人で3個サービスでいただいちゃいました。サクサク感といい最高の美味しさに感動でした。

ならばトリフ料理専門店はどんなんでしょうか とうい事で六本木にある「テール ド トリフ」を予約しました。個室は書斎風の素敵なお部屋

011_2009プリフィクスの予定でしたが、お店が満席なので一つのコースにまとめて欲しいと言われ、シェフお任せコースの皿数減らして5皿とし、メインに黒トリュフを入れるコースを組んでもらう様にしました。ごちになります。収録後でしたので、食材が豊富だったそうです(なにがオーダーされるかわからないので色々そろえなければならないようです)
ワインはわりと高いお店の様なので、1皿に1本、チーママ持参のキュベ・ウィリアム・ドゥーツ85年はアミューズのトリュフ&ブリー・ド・モーと相性良かったです~♪
シャンパン以外の4本をお店に頼み、足りなければ追加としました。
ワイン代は1人¥8000です。(持ち込み料3000円込み)クーポン利用のサービスのグラスシャンパンも美味しかったですソムリエ 中島氏(テレビでもサービスしております)の提案で全て同じ作り手の3種類の比較! Beaune 1er Cru Les greves Montille06年畑違い?とVolnay  とっても感じのいい素敵なサービスで料理との相性もバツグン。後は初参加のYさんからの提供ワイン、やはり1人1本でした。

パイヤール黒猫亭ワイン会635回です。

|

« T’S銀座&SHERRY CLUB | トップページ | 1919年当時のシャンパン品種 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« T’S銀座&SHERRY CLUB | トップページ | 1919年当時のシャンパン品種 »