« パイヤール黒猫亭ワイン会525回 | トップページ | カンテサンス ワイン偏 »

2008年9月30日 (火)

カンテサンスの感動=^ェ^=

P1010748P1010754P1010756P1010758P1010764P1010771P1010776P1010782P1010787P1010790P1010793P1010800P1010805_2P1010806_2P1010809 

黒猫亭パイヤールワイン会527回。東京白金台、プラチナ通りにあるフレンチ・レストラン「カンテサンス」は2008年ミシュラン東京3つ星を獲得しています(^_-)-☆ シェフ・岸田周三氏のお料理は古典的な濃厚なソースの味付けではなく、素材の旨みの世界=^ェ^= 味付は黒猫の好みですheart02heart01heart04

席につくと、立派な表紙のメニューをわたされ、中を見ると真っ白coldsweats02 感動していていただく為に次に何がでるかはsecretなのだそうです。wineを選ぶのにどまどってしまい、ソムリエさんにお任せする事にしました。

食事の感動の余韻は大きいです=^ェ^= だらだら書いたら伝えにくいし・・今回はシェフのこだわり「塩」と「素材」の関係のみ記載します。

シェフは海のものにはミネラルたっぷりの塩。山のものには岩塩を使用。塩使いは感動ですlovely黒猫の料理には余り塩を使いません(共感) 岸田シェフのように横にそえたり、ばらりとふりかけて、個人の口の中のハーモニーを楽しむ料理は本当に素晴らしいですshine最後にお願いしたら本日の料理が記載されてメニューをいただけましたので。。料理を記載しましょう

原木椎茸(生を薄くスライス)とセップのビスケット。 サツマイモのスープ 甘くないスイートポテト。 塩とオリーブ油が主役 山羊乳のヴァヴァロワ。 鷹峰唐辛子のファルシ スッポン。 ファーブルトン。 つぶ貝と焦がし海草バターのソース。 螺鈿(らでん= nacre)shineのように焼いたメジナ 秋刀魚の肝とジロール 特にカンテサンスの魚料理は、真珠色に光りを放つ貝の薄片の模様に輝く美しさがありますflair。 子羊の3時間ロースト フィザリス。 コンテのフォンデュ。 干からびた葡萄のソアベ。 二度(bis)焼いた(Cuits)ビスキュイ。 柔らかいキャラメルのギモーヴ。 メレンゲのアイス。 石版の中の小石。

明日は飲んだwineワイン偏をUPします

|

« パイヤール黒猫亭ワイン会525回 | トップページ | カンテサンス ワイン偏 »

白金高輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイヤール黒猫亭ワイン会525回 | トップページ | カンテサンス ワイン偏 »