« 黒猫亭 黒猫なな君 | トップページ | 黒猫 なな君 »

2008年4月 3日 (木)

コアン・ド・ルー

080401_184501080401_191701 4月1日、ちょうど1年前に武蔵中原に転勤した日もコアン・ド・ルーで飲んでたなぁ武蔵新城のガード下にあるフレンチレストラン ワインのテーマは南半球の銘醸ワイン7人で9本まずは英国航空のファーストクラスに搭乗するタスマニア島の【テイマー・リッジ・シャルドネ03年】あの有名なワイン評論家ハリデーさんから5つ星グレープフルーツ&ライム、樽からくると思われるバタースコッチ&バニラといった香りが複雑に絡み合い複雑な味わいが楽しめます2本目は南アフリカ【ジョーダン・シャルドネ06年】ロンドンの超有名レストラン全てにオンリスト 毎年ロンドンで開催される世界ワインの祭典【International Wine and Spirits Competition】で世界中で最も厳しいとされる金賞を獲得更に39年から獲得した栄冠総数39個 バターのような樽香と果実味たっぷりの優雅さあふれるシャルドネ特有な香り(^^)v 3本目はインド 【スラーソーヴィニヨン07年】若草の香り漂うハーブの香り豊がさわやかでドライ感が非常に心地良いです。このワインの評判は、あのアラン・デュカスの最高峰三ツ星レストラン [ルイ・キャーンズ/Louis XV(在モナコ)] にアジアワインとして初めての快挙となるオンリスト、さらにフランス最高の有名パリのカリスマ・ワイン ショップ[ラヴィニア]でも、更にさらにイタリアではあのバルバレスコ最高峰アンジェロ・ガイ アが経営する輸入会社が、なんとイタリアにこのインド・ワインを輸入し大々的に紹介。日本でも今年1月にNHKが3夜連続で放映したNHKスペシャル「インドの衝撃」の番組中にも登場し、国内の一流ソムリエ達が(勿論黒猫亭も)喉から手が出るほど待ちわびていた、まさに衝撃のワインだったのです。4本目はニュージーランドの【カラウディのソーヴィニヨン】は正当派。5本目はいよいよ料理もお肉となり・・そろそろ、黒猫の記憶があいまいになりそうなので、赤は一番お高い【アルマヴィーヴァ05年】から、あのシャトー・ムートンが造る最高傑作チリ赤ワインで世界中の評論家を驚愕させた!!チリ進出ワインムートンのエキスが余すところなく感じられます。6本目は非常にバランスが良く、スパイシーでまろやかな【スラー・ディンドリ・リザーブ・シラーズ06年】 7本目は南アフリカ【ジョーダン・コブラーズ・ヒル03年】ワイナリーの最高峰です。8本目はニュージーランドの【カラウディのピノ・ノアール】9本目はアルデンチン【カテナ】でした。お料理もいつもながら最高でした

|

« 黒猫亭 黒猫なな君 | トップページ | 黒猫 なな君 »

武蔵小杉 武蔵中原 溝の口 立川」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。