« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月26日 (火)

年賀はがき

Sn370037 今年の年賀はがきの抽選日は1月18日 (^^?) だった??いつもより遅かったですよね。。。今年は一枚もあたりませんでしたが。。昨年は2等&切手シートが3枚 (^o^) 黒猫は出さないので。。。(申し訳ないです) 2等のはがきを持って、黒猫亭の近くの郵便局に行ったところ局員さん達もこんなのはじめて~と 手続きはどうするんだろうか と とまどっていました(^o^)

くじ運のいい黒猫なのに。。。今年はくじ運ないかなぁ  でも こんなに【キュウト】な年賀はがきをいただいちゃいました。 

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

黒猫亭 なな君

Photo なな君 お外を鑑賞 朝ご飯を食べ終わると、しばしお外の鑑賞です=^ェ^=

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

黒猫亭 なな君

070513 070513_2 今日は山梨の黒猫亭をご紹介    =^ェ^=  黒猫亭の階段です。パネルに貼られたラベルは全て黒猫ラベルです。

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

ミシュラン東京ガイド1つ星:有季銚

Dsc01909 Dsc01910 Dsc01911 Dsc01912 昨日は【ミシュラン東京ガイド1つ星:有季銚】に行ってきました=^ェ^= まずは最高の日ですから、プレミアムモルツで”ぐい~” とかんぱい。。ふうぅ(^o^) 幸せ♪ 最初の料理の【からすみ】は色あいと、柔らかめの歯ごたえからして仕込んで2ヶ月目くらいでしょうか?(黒猫が山梨にいたころよくかよった山梨のおすし屋さん小次郎で1ヶ月目、2ヶ月目・・、5ヶ月目と食べさせていただい時の感覚、このおすし屋さんは 幻の鮭:銀座の高級すし屋でも手に入れるのが難しい 【けいじ】もいただけます。けいじについてくるバッチを毎年、食べてはいただきコレクションしています) 次にでてきた料理【えびいも】こちらには、モンゴル産岩塩をおろしがねで自分で削ってたべます。ふぐさしは肉厚で旨みたっぷり、料理長は修行時代、ふぐ料理の老舗「さんとも」で先代と共に働き、「ふぐは歯ごたえがなければ意味がない」と教わり。この訓えを料理長は今も守っているそうです。「有季銚」のふぐは、大分の豊後水道から直送される天然とらふぐ。【しらこ】もまわりはかりっと焼きが入っているのですが・・中はジュウシでぷりぷりの食感♪ また夏場の楽しみはオコゼ。お造りだけでなく、さっと湯がいたオコゼの頭をポン酢で頂けるというのはいいですね~。天然の鮎は琵琶湖、四万十川、栃木など、異なる産地から取り寄せており、こちらも、それぞれ試してみたい1品。こうした料理は全てバカラグラスなどの様々な器に美しく盛り付けられ、見た目も楽しませていただきました。店内は純和風な数奇屋造りで、カウンターまで含めた全ての部屋が個室、親切で上品で感じの良い接客も心なごみます。 お帰りには お土産【さるや】の楊枝 木箱入りをいただき、外までお見送り。。黒猫は傘を持っていなかったのですが、新品の傘をいただいてきてしまいました。昼コース¥4180~¥38500 夜コース ¥17600~¥38500  傘のお礼にまた行きたいです=^ェ^=

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

食しました。牛一頭家

Sn370056 Sn370059 Sn370060 Sn370058 東急大井町線・戸越公園駅から徒歩1分。後ろの2車両はドアが開かないので要注意です(ホームが短い為)黒猫以外6名はドアの開かない2車両に乗ったそうで次の駅から歩いた人も(^^;) 予約は必修です。お店は6名席と4名席が3つ 予約時にはこの季節ならではの【ケジャン】生蟹のキムチ漬けをオーダーしましょう。それと筒状の腸を丸ごと(30cm)マル腸を1本そのまま、まわりをこんがり焼き、後で1口サイズにカットするとジュウシーな肉汁が・・・ チョレギサラダ、ユッケ、レバ刺し、野菜チーズちじみ、テールコムタンそうめん、冷麺、石焼とびピビンバ、ホルモン5品盛り合わせ、ほほ焼き、カイノミ、イチボ、ザブトン、幻のミスジ、本日のおすすめ部位3品目盛り合わせもサービスしていただいて盛りだくさんでした。そうそうホースラデッシュ(西洋わさび)をそえて食べるのもここならではのオリジナルティ(^^)v マッコリは甘酒のようなのみ物ですが。。。これがまた胃に優しいのか、漢方で育った牛だからか翌日すっきり=^ェ^= 皆さん痛感したことでしょう(^o^)またいきましょうね(先週の水曜日30日に行きましたが・・もう行きたい気分)

| | コメント (5)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »