« 黒猫亭:なな君とワイン | トップページ | 黒猫亭:なな君 »

2007年11月 7日 (水)

花びらのようにひらひらと:美味なチーズ

Photo_2秋・冬に楽しみなスイス産 セミハードチーズ:テット・ド・モワンヌは、「修道士の頭」という意味。12世紀にジュラのベルレー修道士が造ったと言われている歴史あるチーズです。
表皮はねっとりと湿っていて、『ジロール』というこのチーズ専用削り器を使って花びらのように薄く削って食べるのが特徴。食べる時は、ジロールにチーズを差し込み、ハンドルをクルクルとまわすと、チーズの表面が花びらのような形に削られ、見た目も華やか(^o^) カットしたものを食べると、お口の中でしゅわぁ~と優しくとける感覚がたまりません=^ェ^= ワイン会ではついつい削るのが楽しくて・・薄く削れば削る程、お口の中の溶け具合いが良くってたまりません。でも力加減を均等にしないとデコボコになってしまい。食感がいまいちなのでご注意です(^^)v 武蔵中原の黒猫亭でもお披露目しますね。次回パイヤールワイン会をお楽しみに♪

|

« 黒猫亭:なな君とワイン | トップページ | 黒猫亭:なな君 »

ボンマルシェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒猫亭:なな君とワイン | トップページ | 黒猫亭:なな君 »